【SNSの拡散力は偉大】Twitterでブログが少しバズった話

ブログ運営ハロプロソロフェス

SNSで話題

SNS(Twitter)で拡散されて、ブログが少しバズったので、その話を書きたいと思います。「バズった」と言っても、有名人の何万RTとか、巨大サイトの何万PVとか、そういうレベルではないです。小さいサイト(ブログ)にしては、バズったという程度です。

バズった記事の作成経緯とか

実際にバズった記事

バズった記事がコチラです。ハロプロに関する内容です。

新型コロナでライブやイベントが中止になり、再開目処も立たない中、ハロプロの全メンバー52人がソロでパフォーマンスするイベントが、7月4日(土)に開催されることが発表されました。

■応募方法
Twitterに①グループ名②歌唱楽曲③歌手名④その理由を明記して
#ハロプロソロフェス を付けて投稿してください。

※Twitterアカウントをお持ちでない方は専用応募フォームより受付できます。
★募集期間:6月8日(月)18時00分~6月14日(日)23時59分

http://www.helloproject.com/news/12052/

それに先立って、各メンバーに歌って欲しい楽曲をTwitterでリクエストする(ハッシュタグを付けてツイートする)という企画が始まりました。

今回バズった記事は、このハッシュタグ付きでツイートされた内容を集計・分析した記事になります。

この記事を作成した理由

記事を作成した理由というか、ツイートを集計しようと思った理由ですが、1番大きいのは

投票締切の翌日、6月15日(月)が休みだったから

です。これに尽きます。普通に仕事してたら、集計してなかったです。なぜなら、集計元になるツイートが14,000件もあって大変だったから。

後は、単純にブログのアクセスが増えるかなと思いました。6月8日(月)の夜、「ハロプロソロフェス」がTwitterのトレンドになったのもあり、ライブ・イベントに飢えてるヲタクも関心があったんじゃないかなと。

そして最後、単純にどんな投票が多かったのか、自分自身が気になったからです。こう言うと元も子もないですが、私自身は「投票フォームでも無い、単なるTwitterの投稿を、企画・運営側が集計して、パフォーマンスする楽曲の選定に利用するとは思ってなかった」です。

なら自分で集計してみようと。最悪、記事にしなくても、自己満足で集計した結果をツイートしてみようかなと思ったわけです。

作成に要した時間

どれくらい時間が掛かったかと言うと、ざっくり

16時間

くらい。

実際の記事の方を読んで頂くと分かりますが、データの抽出は簡単だけど、表記揺れを修正する単純作業が大変でした。単純作業は、今後、AI(人工知能)が奪うみたいな話がありますが、ホントにそうなるのかな。

この手の人力作業っていつまでも無くならない気がする。

PVやアクティブユーザとか

Twitterへ投稿後のPV

PV 20200617

先にPVのグラフを貼ってしまうと、こんな感じ。6月17日だけ突き抜けている。

6月15日中に作成していたけど、翌日6月16日も全然アクセスは無く。

そりゃそうだ。

ただでさえ、弱小サイトだもの。16日時点でGoogleにクロールされていたはずなので、「ハロプロソロフェス 集計」とかで検索してもらえれば、上位には表示されていたはずなんですが。

そんな検索、誰もしない。

そこで、16日の深夜(日付的には17日の0時くらい)に、該当記事をTwitterに投稿。そして、そのまま寝ました。

起きて、Twitterを見ると、そこそこRTして頂いてることに気づく。基本的に、自分は共通の趣味(ゲームやライブ現場)で知り合った人しか、フォロー・フォロワーに居ないのだけれど、全然知らない人からもRTが来てる。

最終的に当該記事のRT数は「170」くらいでした。最初に書いた通り、バズると呼べるレベルではないですが、普段の自分では考えられない程のRT数です。

PV 20200617

ふと思って、Google Analyticsを眺めていると、7時、8時、9時と、時間が経つに連れて、アクセスが増え続けているのが分かる。ずっと右肩上がりで行くのかと錯覚するほど、マジで勢いが落ちない。上図は12時ジャスト時点のモノ。

これは凄い。

結果、TwitterのRTと記事シェア、5ちゃんねる、まとめサイトなど、色々なところからアクセスが来ていたようで、急激にPVが増えました。お察しの通り、18日には急下降するけど。

アクティブユーザについて

上述したように、9時くらいまでは、家でGoogle Analyticsを眺めていたわけですが、仕事に行くため、10時前に家を出ました。

仕事中は様子を見てなかったのですが、昼休みになり、再びGoogle Analyticsを見てみると、異変は続きます。

AU 20200617

リアルタイムのアクティブユーザ数が増え続けている。昼休みになったので、見に来る人が増えているのかな。気付いた時点で200人。自分のサイトでは有り得ない人数、マジで凄い。

眺めていると、どんどん増え続ける。最終的には、リアルタイムで

600人

まで行きました。動揺して600人の瞬間のスクリーンショット撮るのを忘れました。

奇跡とは言え、こんなサイトに瞬間的に600人が訪れるとは。

その他の反響とか

まとめサイト等への転載

反響と言うと大袈裟ですが、上にも書いたように「5ちゃんねる」とか「まとめサイト」に転載されて、そこからもアクセスが増えました。色々なところからアクセスがあったので、少し震えました。

You Tubeで動画になる

後、意外だったのが、「You Tube」で動画になったこと。自分の集計結果を使って、各メンバーのリクエスト楽曲の1位をまとめた動画が6月20日に投稿されていました。自分が記事を作成してから5日後、Twitterで投稿してから3日後ですかね。

たまたま、変なリクエストURLからサイトに飛んできているアクセスがあることに気付き、調べてみたらYou Tubeだったのです。そこで動画になっていることを知りました。動画になるとは思ってなかったので、少し驚きです。

SNSの拡散力は凄いけど、結局は一過性

今回、とある企画のTwitter投稿を集計してみました。興味ある人(自分含め)が多いのかなと思って、作成した記事だったので、たくさんの人に見て頂いて嬉しかったです。SNSに頼ったとは言え、一応狙った通り(?)にアクセスが増えました。

SNSの拡散力は凄い!

今更だけど、検索流入以上に、SNSに力を入れるという、世の中の流れが分かる気がします。クソ雑魚な自分が、これだけアクセス増えてるのだから、有名人やインフルエンサーと呼ばれる人達は、さらに凄まじいんでしょうね。

そして、言うまでもなく、アクセスが増えたとは言え、いわゆる「トレンド」に分類される記事なので、これ以上は伸びないでしょう。現に17日にピークを迎えて、18日から急下降しています。

一応、この記事を書いている今現在も、まだ微々たるアクセスがありますが。この企画が関係するイベントが7月4日に開催されたら、その後、該当記事を見る人は居なくなるでしょう。

まぁ、少しでもアクセスが増えたので良かったとします。

16時間も掛けて記事を作った意味はあったと思いたい。

それでは。