【ポケモンGO】不満があるなら、やめるべき【卒業・引退の勧め】

ゲームポケモンGO

ポケモンGO_引退のススメ

ポケモンGOにおいて、2020年7月下旬~8月上旬にかけて開催されたイベントで、ユーザの不満が大爆発。ポケモンGO界隈では、ちょっとした騒ぎになっている模様です。

以前から不具合やトラブルが発生するたびに、騒ぎになっていましたが、今回は普段以上に炎上中。

今回は、その経緯と私の意見を少し書いてみようと思います。言いたいことの結論を先に言っておくと

不満があるなら、今すぐやめろ

ってことです。

今回、何が起きたのか?

ユーザの不満が爆発した2つのイベントについて説明します。

ドラゴンウィーク

ドラゴンウィーク

「ドラゴンウィーク」は、2020年8月1日(土)から1週間開催されたイベントです。ドラゴンポケモンが多く出現するようになったイベントですが、このイベントの目玉は「モノズ(色違い)」です。

色違いモノズ

「モノズ」は、第五世代の600族ドラゴン「サザンドラ」の進化前。「モノズ」自体は既に出現するポケモンですが、色違いは今回のイベントで初実装でした。

色違い以前に、この「モノズ」自体が非常にレアなポケモン。野生で出会うことは難しい。そんな「モノズ」が、今回のイベント期間中に限り、7キロ卵から孵化するようになっていたのです。

ただし、イベント開始2日が経過しても「モノズ」の孵化報告が無く、孵化確率が0%の設定になっていたのではないかと噂になります。そして、3日目から続々と孵化報告が上がります。

運営会社である「Niantic」が、途中で「モノズ」の孵化確率の設定をミスして、途中から確率を上げたのではないかということ。これに関して、公式のお知らせは無かったので、いわゆる「サイレント修正」をした疑惑が。

1日に孵化可能な卵の個数には限度があり、孵化効率を上げるため、「モノズ」狙いのユーザーは孵化装置に課金しているでしょう。にもかかわらず、お目当ての「モノズ」が生まれない状況であったのであれば、不満は当然ですね。

GO FEST 2020 代替イベント

GO FEST 2020

もともとは、7月25日(土)~26日(日)に実施された「GO FEST 2020」というイベント。毎年夏、現地でリアル開催されるイベントですが、今年は新型コロナの影響で現地開催は中止に。

今年に関しては、参加チケットをゲーム内で販売し、イベント自体は全国どこからでも参加可能となりました。

そして、このイベントの初日、開始直後、2~3時間ほどアクセス障害が発生したため、その代替イベントが8月16日(日)に開催されました。

色違いアンノーン

この「GO FEST 2020」で、目玉ポケモンの1匹が「アンノーン」です。ポケモンGO内でも最もレアリティの高いポケモンでしょう。さきほど説明した「モノズ」よりも、さらにレアです。

そして、この「アンノーン」は、今回のイベント期間に限り、色違いが出現することが判明していました。

当然、8月16日(日)の代替イベントでも「アンノーン」は出現しました。代替イベントは、11時~14時の3時間限定で実施されたのですが、開始から時間が経っても、一向に「色違いのアンノーン」の発見報告がなかったのです。

「モノズ」のときと同じく、設定ミスが頭によぎるユーザー。そして、代替イベント開始から約2時間30分が経過して、残り30分になってから、「アンノーン」の色違い出現の報告が上がってきます。

これも「モノズ」と同じで、イベントの途中から発見報告が上がったので、「序盤の設定ミス」と「途中でのサイレント修正」の疑惑が向けられます。

2つに共通する問題

この「ドラゴンウィーク」「GO FEST 2020 代替イベント」に共通するのは

出現予定だった、目玉ポケモンが一切出現しない

サイレント修正され、途中から突然出現するようになった

ということ。でも、現状、公式的な発表は無いので、あくまでも可能性の話。海外では「Niantic」に対して、孵化の設定確率の開示要求の動きもあるとか。

それ以外の問題も多数

ここまでは、直近で開催されたイベント関連で2点ほど説明しました。これらは、ポケモンGOを遊ぶ、ほとんどのユーザに影響するものでした。しかし、まだまだ問題は続きます。以下は、ヘビーユーザほど、影響がある不具合です。

レイドバトルのゲットチャレンジ

レイドバトルでボスポケモンを倒した後、そのポケモンをゲットするシーン(ゲットチャレンジ)に画面が遷移するわけですが。そのゲットチャレンジ手前で、ゲームがフリーズする不具合が確認されています。

この記事を書いている時点で、第五世代の幻ポケモン「ゲノセクト」がレイドボスで登場しており、特に「色違いのゲノセクト」を求めてレイドバトルを連戦しているユーザが多い。

なので、この不具合は余計にストレスが溜まっているでしょう。

バトルリーグが重い

私的には、上記よりも深刻なのが、この「バトルリーグが重い」問題です。ポケモンGOの対人戦(PvP)は、原作のようにターン制でお互いが技を1つ選択するのではなく、バトル全体がスピーディーです。

技の発動やポケモンの交代において、タイミング良く操作を行うことは最重要。ゲージ蓄積の管理やゲージ技の交代受けなど、1つ1つのタイミングが噛み合えば勝てるし、そうでなければ負けます。

バトルリーグが重い(いわゆる「ラグがある」)ことで、

  • 技を撃ったはずが、発動してない
  • 技を撃った後に硬直する
  • 技を撃つためのターンが増える
  • 交代したはずが、交代できてない

などの症状が発生して、それが原因で負けるシーンも出てきます。

ポケモンGOのバトルリーグは、上位に行くほど、勝ち負けによる「レート」の奪い合いがシビアになってくるので、対人戦をメインで遊んでいるユーザにとって、これらの症状は深刻です。

ストレスの蓄積がハンパないと思います。

ユーザのストレスはMAXまで来てる

こんな感じで、多種多様な事象・不具合により、2020年8月現在、ポケモンGOのユーザ(ライト層、ヘビー層ともに)は、これまでに無いほどストレスを溜めているように見えます。

ネット上のユーザの反応

有名なポケモンGOのYouTuber

この動画を見てると

信頼できない

不誠実

残念でならない

そんな言葉が並んでいました。

まぁ、分からんでもない。

だけど、ポケモンGOというコンテンツのおかげで成り上がった(と勝手に思っている)YouTuberなのに、よくそんなこと言えるなぁと。

「信頼できない」「不誠実」「残念」だと思ってるのなら、ポケモンGOをやめればいいのに。ポケモンが好きなら、原作をプレイする手もありますよ。

Twitterの様子

案の定、ポケモンGOの公式アカウントに突撃するユーザの皆さん。

不満があるなら、やめればいい

最初に書いたけど、

不満があるなら、今すぐやめればいい

それだけなんだよな。

基本無料でプレイできるということ

不満が溜まるのは分かるけど、公式アカウントに攻撃的に突撃するのは、別の話。そもそも、このクオリティのゲームを「基本無料でプレイ」できることを忘れてないかな。

「お客様(ユーザ)は神様」だと思っているユーザが多すぎない?

いつからユーザは上から目線で、こんなに偉くなったんだろう?

黙ってアンインストールできないのか?

プレイするのも、課金するのも、義務ではない。不満があるなら、黙ってアンイストールして、やめればいい。そうすれば、時間もお金も無駄にしなくて済むのに。

不満やストレスを溜めてまで、何でポケモンGOをプレイするんだろう?

そう思いませんか?

「Niantic」に対して「信頼をなくした」とか、「調子に乗るな」とか、「天狗になっている」とか、そういうこと言っているユーザ、

黙って、今すぐやめるべき

この手のユーザをTwitterのリプ欄で見かけるのも不快だから、今すぐ、やめて欲しい。

公式アカウントに突撃するようなユーザが、ポケモンGOやめたところで何の影響もないから、黙ってポケモンGOを引退してください。

一度ポケモンGOを休憩しましょう

正常な判断が出来る方は、休憩しましょう。

ストレスの溜まるポケモンGOは1回休憩して、他のゲームでもプレイしましょう。

また、やりたくなったら、戻ってくればいい。

それでは。

ゲームポケモンGO

Posted by ehime