【ハロコン2020夏】後悔しないために双眼鏡の持参をオススメします。

ハロー!プロジェクトハロコン

PENTAX 双眼鏡 8×21 UCF R
引用元:Amazon

新型コロナが収束しない中で始まった、2020年、夏のハロコン。今夏のハロコンは、J-POPバラードをソロで歌唱するという、例年とは違う形式です。この記事で言いたいこと、ハロコンに参加される方は

双眼鏡を持っていこう!

ということです。

2020夏のハロコンはどんな感じ?

J-POPバラードをソロ歌唱

先日お知らせした夏のハロー!プロジェクト・コンサートですが
予定通り開催の方向で進めてまいります。
(中略)
前回お知らせした通り、メンバーがそれぞれソロで
J-POPを中心としたバラード曲のカバーを歌うという内容で行います。

http://www.up-fc.jp/helloproject/news_Info.php?id=15728

新型コロナの影響で開催が危ぶまれましたが、例年と違う形式で開催されることになりました。各グループのメンバー総出で、ステージ上で踊って歌うのではなく、J-POPのバラード曲をソロで歌唱するコンサートになりました。

スクリーンでのアップ映像は無し

この記事を書いている時点で、中野サンプラザ、オリックス劇場と2ヶ所で公演が開催されました。従来と異なり、ステージ上の大きなスクリーン(ビジョン)は未使用でした。なので、メンバーがアップで抜かれることもありません。

1階の超前方の座席以外では、メンバーをハッキリ観るのは難しい。2階席・3階席は、さらに難しいでしょう。歌唱メンバーに合わせて、ペンライトの色を変えようにも、メンバーの識別すら難しいと思います。

ほぼ直立不動で歌うメンバー

普段のようにステージ上で踊ったり、移動したり、客席に降臨したり、することもなく。バラード曲をソロで歌うということで、ステージの中央で直立不動で歌う形になります。多少、身振り手振りがあるメンバーも居ますが、基本的に、ほぼ直立不動です。

参加された方の反応

既にハロコンに参加された方の反応をTwitterから少しだけ集めてみました。

自分もそうだったように、1階の一桁列の座席でも、細かい表情まで観るのは難しかったです。今回のハロコン、「双眼鏡が必須」と感じた方は結構居たと思いますね。

双眼鏡で推しメンを観よう!

後悔しないために双眼鏡の持参をオススメ!

良くも悪くも、新型コロナの影響で、J-POPバラード曲のソロ歌唱になった今夏のハロコン。いつもみたいにメンバーがステージ上を動き回らないので、双眼鏡で追うのは凄く簡単です。

感情が入った推しメンの表情を見たくないですか?

コロナ対策で座席数を半分以下に減らしているので、入場できるファンの人数も普段より少ないです。そんな中、せっかく当選したのであれば、メンバーが見えなくて後悔しないためにも、双眼鏡の持参をオススメしたいです。

オススメしたい双眼鏡

双眼鏡のスペックの見方

メーカーのページやショッピングサイトで、双眼鏡を眺めていると、「○×○」という数字を見かけると思います。前者の数字は「倍率(倍)」で、後者は「対物レンズの口径(ミリ)」です。

倍率は、その名の通り「何倍で見えるか」をあらわす数字。「8倍であれば、80メートル先のモノを、10メートルの距離で見たとき」をあらわします。倍率が高ければ良いというわけではなく、コンサートでは8~10倍をオススメしているケースが多い印象です。

倍率が大きいほど、ブレやすいと言われています。

対物レンズの口径は、コチラもその名の通り、対象物側(自分の目と遠い方)のレンズの口径です。先の倍率が8~10倍であれば、対物レンズの口径は「21」あたりが多いのかな。

PENTAX 8×21 UCF R

安価なモノなら2000円以下でも買えますが、長く使うことを考えると、もう少し出して、良いモノを選んでみても良いかも。例えば、このPENTAXの双眼鏡は、4000円台ですが、コンパクト&軽量(210グラム)で、倍率は8倍です。

Amazonでの評価も高く、Amazon’s Choiceにも選ばれています。この双眼鏡のレビューをAmazonで見ると、コンサート・ライブ(横浜アリーナや東京ドームなど)での使用目的で購入されている方が多数います。コスパ・使用感も良さそうです。

OLYMPUS 10×21 DPC I

もう1つ紹介します。自分が使用している双眼鏡で、OLYMPUSの10倍です。さきほどの8倍のモノより、少し値段は上がりますが、60%オフくらいで買えるので個人的にはお得かな。実際に、オリックス劇場の2階・3階で使用しましたが、バッチリ見えました。

さらにコチラは170グラムとさらに軽いので常に持っていても疲れません。慣れてしまえば、片目ずつピントを合わせる作業も苦にならず、個人的には使いやすいです。

終わりに

ということで、ハロコンにおける、双眼鏡の持参のオススメでした。またとないハロコンの機会、聴かせるバラード曲を歌うメンバーの表情、是非見てほしいと思います。

それでは。