【セトリ】ひなフェス 2020 モーニング娘。’20 プレミアム【3/20・初日】

ハロー!プロジェクトひなフェス, モーニング娘。

ハロプロひなフェス2020_0320
© UP-FRONT PROMOTION Co., Ltd. © ひかりTV

2020年3月20日(金・祝)、毎春恒例のハロプロのひなフェス「Hello! Project ひなフェス2020 モーニング娘。’20 プレミアム」が開催されました。

今年は、新型コロナウィルスの影響で無観客で実施され、公演は「dTVチャンネル」で生配信されました。配信されるだけでも有り難い。

それでは、セトリを見ていきましょう。

ライブ映像もチェック!

「モーニング娘。’20 プレミアム版」には、生配信が無かった「Juice=Juice プレミアム」「つばきファクトリー プレミアム」の映像が特典として収録されます。

ひなフェス恒例のカバー曲コーナーでは、アンジュルムが「Fiesta! Fiesta!」を、BEYOOOOONDSが「微炭酸」をカバーしています。

この2曲は、当日配信が無かったので、Blu-ray・DVDの映像が初出になります。是非チェックしてみてください。

ひなフェス2020 2日目のセトリはコチラ

ひなフェス2020の2日目、「BEYOOOOONDSプレミアム」のセトリはコチラからご覧ください。

ひなフェス2020 3日目のセトリはコチラ

ひなフェス2020の3日目、そして、室田瑞希さんの卒業公演となる、「アンジュルムプレミアム」のセトリはコチラからご覧ください。

セトリ

  1. LOVEペディア
    (モーニング娘。’20)
  2. 人間関係No way way
    (モーニング娘。’20)
  3. HOW DO YOU LIKE JAPAN? ~日本はどんな感じでっか?~
    (モーニング娘。’20)
  4. ありがた迷惑物語
    (ハロプロ研修生)
  5. 眼鏡の男の子
    (BEYOOOOONDS)
  6. 元年バンジージャンプ
    (BEYOOOOONDS)
  7. ニッポンノD・N・A!
    (BEYOOOOONDS)
  8. 春恋歌
    (つばきファクトリー)
  9. 抱きしめられてみたい
    (つばきファクトリー)
  10. 純情cm(センチメートル)
    (つばきファクトリー)
  11. 青春Night
    (つばきファクトリー)
  12. 恋愛ハンター
    (Juice=Juice)
  13. 赤いフリージア
    (牧野真莉愛)
  14. スキちゃん
    (ハロプロ研修生)
  15. 桜ナイトフィーバー
    (こぶしファクトリー)
  16. アンラッキーの事情
    (こぶしファクトリー)
  17. ドカンとBREAK!
    (こぶしファクトリー)
  18. Borderline
    (Juice=Juice)
  19. プラトニック・プラネット
    (Juice=Juice)
  20. ポップミュージック
    (Juice=Juice)
  21. 全然起き上がれないSUNDAY
    (アンジュルム)
  22. マナーモード
    (アンジュルム)
  23. ドンデンガエシ
    (アンジュルム)
  24. シャボン玉
    (モーニング娘。’20)
  25. 浪漫~MY DEAR BOY~
    (モーニング娘。’20)
  26. What is LOVE?
    (モーニング娘。’20)
  27. わがまま 気のまま 愛のジョーク
    (モーニング娘。’20)
  28. ここにいるぜぇ!
    (モーニング娘。’20)

ひなフェス1日目の感想とか

リハーサル映像みたいだった

今回のひなフェスは、無観客の公演でしたが、リハーサルの様子みたいでしたね。もちろん、配信して頂けるだけでも有り難いので、贅沢は言えないのですが。

盛り上がるライブのためには、ヲタクのコール&声援って大事ですね。

改めて感じました。

つばきの「春恋歌」は最高!

つばきファクトリーの1曲目は「春恋歌」でした。個人的にめちゃくちゃ大好きな曲であり、イントロの時点で大勝利の曲。

実は去年のひなフェスでも歌ったのですが、その時は、歌う前に浅倉さんが「次は春恋歌です」と、曲紹介しちゃったんですね。台本とは言え、イントロ前の曲バレ。

なので、今回はイントロで「うおおおおおおおおお!」と最高潮になったので良かったです。家で一人で見ながらですがw

「春恋歌」は、各サビの最後のフレーズが綺麗で、めちゃくちゃ良いんですよね。

良曲がワンハーフ構成のアンジュルム

「マナーモード」「ドンデンガエシ」が、いずれも2番をカットされ、ワンハーフ構成。個人的に大好きな曲なので、これは正直マイナス。

逆に1曲目の「全然起き上がれないSUNDAY」がフル版でした。でも、この曲はラストが室田さんで締める曲でもあるので。室田さんをフィーチャーして、最後のひなフェスでセトリに入れた可能性もあるのかな。

今冬の「ROCK ON! LOCK ON!」では歌ってない「マナーモード」を最後に聴けて良かった。

今日の優勝はJuice=Juice

「Borderline」と「プラトニック・プラネット」を続けて披露したJuice=Juice、間違いなく優勝だったと思います。ワンハーフだったので、2番の工藤さんソロパートを聴けなかった。

昨年「ひとそれ」でバズった勢いそのままに、この2曲がシングルでリリースされていたら、天下を取ってたのに。

カバーコーナーで、モーニング娘。の「恋愛ハンター」を披露しましたが、普通に上手かった。さすがスーパーパフォーマンス集団。段原さんが居れば、後10年くらいは戦える。

色々と話題になった新曲「ポップミュージック」が、ついにライブで初披露されました。歌詞(というか擬音?)が独特で楽しいのはモチロンなんですが、新シングルは「プラトニック・プラネット」でも良かったと思うんだよなぁ。

「ポップミュージック」は、おフザケ感が良いんだけど、「地団駄ダンス」「恋はアッチャアッチャ」の方が強烈なイメージだった。

ヲタクが入った会場で聴くと、また違う印象になるのかな。早く現場で聴きたいですね。

モーニング娘。’20はガチ曲多め

個人的に好きな「HOW DO YOU LIKE JAPAN? ~日本はどんな感じでっか?~」「浪漫~MY DEAR BOY~」「ここにいるぜぇ!」あたりが入っていて、とにかく最高だった。

ジャンプ禁止になった令和2年ですが、現場に居たら、跳びたくなる曲ばかりですね。

僕の場合、実際にライブ現場に入ると、基本的には好きなメンバーを目で追います。でも、配信の場合、どのメンバーが画面に映るかは、配信側のスタッフ(カメラマン・スイッチャーとか)次第になります。

今日の配信は、石田さんがたくさん抜かれたイメージですね。

恒例のソロ曲は牧野さんだけ

モーニング娘。’20プレミアム回のソロ曲は、牧野さんでした。披露した楽曲は「赤いフリージア」ということで、先輩の道重さんを意識した選曲だったのかな。

牧野さんの笑顔は、ヲタクを幸せにしますね。

同日開催予定だった、つばきファクトリープレミアム回でソロ曲を披露する予定だった浅倉さんですが、ソロ曲の披露はありませんでした。合同開催の体で「もしかしたら浅倉さんのソロ曲もあるかな?」と思ったのですが、純粋にモーニング娘。’20プレミアム回のようです。

明日配信されるBEYOOOOONDSプレミアム回でも、Juice=Juiceの金澤さんソロ曲は無さそうですね。悔やんでも、悔やみきれない。

終わりに

先月、2月22日(土)のアンジュルムの単独ライブハウスを最後に現場が無かったので、配信という形ではありましたが、久々に楽しめました。始まってみると、あっという間の2時間でした。

明日のBEYOOOOONDSプレミアムも家から視聴する予定ですが、待ち遠しいです。

それでは。