【セトリ】ひなフェス 2019 モーニング娘。’19 プレミアム【3/31幕張】

ハロー!プロジェクトひなフェス

幕張メッセ

2019年3月31日(日)、幕張メッセで行われた「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019 モーニング娘。’19 プレミアム」に行ってきました。

初日の昼公演以外は参戦した自分でしたが、あっという間に最後の公演です。ということで、簡単にレポートです。昼公演と被っているところは割愛します。

ライブ映像もチェック

モーニング娘。’19のプレミアム回には、アンジュルムのプレミアム回の特典が映像として収録されています。是非チェックしてみてください。

セトリ

  1. 青春Night
    (モーニング娘。’19)
  2. I surrender 愛されど愛
    (モーニング娘。’19)
  3. 目立ってDo Dance
    (ハロプロ研修生)
  4. 都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて
    (CHICA#TETSU)
  5. GIRL ZONE
    (雨ノ森 川海)
  6. アツイ!
    (BEYOOOOONDS)
  7. ふわり、恋時計
    (つばきファクトリー)
  8. 春恋歌
    (つばきファクトリー)
  9. 今夜だけ浮かれたかった
    (つばきファクトリー)
  10. 革命チックKISS
    (カントリー・ガールズ)
  11. 書いては消しての “I Love You”
    (カントリー・ガールズ)
  12. 浮気なハニーパイ
    (カントリー・ガールズ)
  13. Oh No 懊悩
    (こぶしファクトリー)
  14. ハルウララ
    (こぶしファクトリー)
  15. サンバ!こぶしジャネイロ
    (こぶしファクトリー)
  16. 桜ナイトフィーバー
    (オールキャスト)
  17. 愛して愛してあと一分
    (和田)
  18. グルグルJUMP
    (横山、竹内、上國料、太田、宮本、一岡)
  19. Fiesta! Fiesta!
    (Juice=Juice)
  20. 微炭酸
    (Juice=Juice)
  21. Borderline
    (Juice=Juice)
  22. 恋はアッチャアッチャ
    (アンジュルム)
  23. 泣けないぜ…共感詐欺
    (アンジュルム)
  24. 大器晩成
    (アンジュルム)
  25. BRAND NEW MORNING
    (Juice=Juice&こぶしファクトリー)
  26. 女が目立ってなぜイケナイ
    (カントリー・ガールズ&つばきファクトリー)
  27. What is LOVE?
    (アンジュルム&BEYOOOOONDS)
  28. ジェラシー ジェラシー
    (モーニング娘。’19)
  29. 恋してみたくて
    (モーニング娘。’19)
  30. 泡沫サタデーナイト!
    (モーニング娘。’19)
  31. わがまま 気のまま 愛のジョーク
    (モーニング娘。’19)
  32. 恋愛レボリューション21
    (オールキャスト)

ソロ&シャッフルコーナー

和田(桜)さんがセクシーに「愛して愛してあと一分」を披露

ソロは和田桜子さんが「愛して愛してあと一分」を披露。とてもセクシーな感じで、会場の盛り上がりも凄かったです。途中、寝転がってのパフォーマンスも良かったです。

初日の羽賀朱音さんもだけど、和田桜子さんも素晴らしくて、むちゃくちゃ高まりました。

6人組による「グルグルJUMP」

6人組の選曲は「グルグルJUMP」でした。宮本佳林さん、竹内朱莉さん、上國料萌衣さんと主力級のメンバーで、ワチャワチャな感じ。

この曲、太田遥香さんのイメージにドンピシャで合います。会場の盛り上がりが半端なかった。

カバーコーナー

新人にスポットが当たった「What is LOVE?」

この公演のカバーは何と言っても、アンジュルム&BEYOOOOONDSでパフォーマンスした「What is LOVE?」が良かったです。川村文乃さんはパートを多めに貰っていたような気が。

後は、新人の太田遥香さん&伊勢鈴蘭さんもそれぞれ良いパート貰っていました。若手に多めに割り振ってたのかな。

でも、本家と同じようにエフェクトを掛けてあげれば良かったのに。難しかったのか?

終わりに

今年のひなフェスは4公演中3公演(初日の昼以外)入りました。好みの曲が多めで楽しめました。つばきファクトリー、ホントにどの曲も良い。特に、両日とも「春恋歌」を聴けて感無量。

そして、ソロ&シャッフルコーナー、バーコーナーと、普段は聴けないグループ&楽曲の組み合わせが聴けました。何を歌うのかワクワク感で、始まる瞬間から既に楽しい。ひなフェスの醍醐味。

2日間を通して、個人的なMVPは羽賀朱音さんの「お願い魅惑のターゲット」ですかね。選曲も良かったし、羽賀朱音さんのパフォーマンスも、会場の湧きも最高だった。これはもう一回観たい。

毎年、翌年の日程を発表してる気がするけど、今年は何も無かった気がします。来年も開催されれば、是非また参加したいです。個人的にはパシフィコ横浜で開催希望です。

それでは。