【セトリ】アンジュルム コンサート2021「桃源郷 ~笠原桃奈 卒業スペシャル~」【11/15日本武道館】

ハロー!プロジェクトアンジュルム, 笠原桃奈

2021115_アンジュルム_桃源郷

2021年11月15日(月)、アンジュルム コンサート2021「桃源郷 ~笠原桃奈 卒業スペシャル~」が日本武道館で開催されました。

船木さんの卒業から1年弱、こんなに早く笠原さんの卒業が来るとは思いもしなかったですね。

参戦してきたので、セトリや感想をまとめたいと思います。それでは、どうぞ。

セトリ

()が無いものは全員で歌唱。

  1. 赤いイヤホン
  2. 次々続々
  3. 愛されルート A or B?
  4. 乙女の逆襲
  5. MC1:挨拶&意気込み
  6. ミラー・ミラー
  7. 七転び八起き
  8. 限りあるMoment
  9. 愛のため今日まで進化してきた人間
    愛のためすべて退化した人間
  10. 出すぎた杭は打たれない
  11. ダンスパフォーマンス
    (竹内、佐々木、上國料、笠原、川村)
  12. MC2
  13. ぁまのじゃく
    (伊勢、橋迫、川名、為永、松本)
  14. 新・日本のすすめ!
    (伊勢、橋迫、川名、為永、松本)
  15. 魔女っ子メグちゃん
  16. マナーモード
  17. Uraha=Lover
  18. 交差点
  19. MC3
  20. 泣けないぜ…共感詐欺
  21. タデ食う虫もLike it!
  22. はっきりしようぜ
  23. ドンデンガエシ
  24. 46億年LOVE
  25. 地球は今日も愛を育む(笠原ソロ)
  26. MC4:卒業メッセージ@笠原
  27. MC5:今日の感想
  28. 友よ【アンコール】
  29. 大器晩成【アンコール】

観に行ってきた感想

赤いイヤホン

1曲目でマジで高まった。

最近のアンジュルム曲(もう2年以上前だけど)で1番好きな曲。「輪廻転生」や「ROCK ON! LOCK ON!」でも1曲目だったけど、赤いイヤホンのイントロは、開幕にピッタリ。

2番Bメロの船木さんパート「別れの言葉」を笠原さんが引き継いでいたのが激アツだった。

なんか、開演と同時に、川名さんの衣装がオレンジに発光していて、かなり目立ちましたね。

YouTubeで公開されました

当日の「赤いイヤホン」がYouTubeで公開されました。下記動画をそのまま再生すれば、円陣部分から視聴できます。

次々続々

今年のひなフェス以来かな?間奏で「たーけー」コールできないのが淋しい。

台詞パートで上國料さん&佐々木さんが光る。

この曲の歌詞が笠原さんの卒業に重なるので、2曲目にして最高だった。赤いイヤホンから次々続々の流れはホントに強い。

愛されルート A or B?

ハロコンを除いて、アンジュルム単体で聴いたのは、自分は今日が初めてだったかも。シリイベとかではやってたみたいだけど。

サビのリズム感が好き。

1番サビラストの川村さん、2番サビラストの笠原さん、バッチリ決まって、痺れましたね。

この曲、カッコ良いアンジュルムらしくてピッタリ。後は、伊勢さんのあざとさが爆発してた。

今のメンバーでもっと聴きたかった。

乙女の逆襲

たぶんだけど、室田さん卒業前に「ROCK ON! LOCK ON!」で歌って以来かな。

その時は、サビの低音パートや間奏ソロダンスに伊勢さんが抜擢されてましたが、今回も引き続き、伊勢さんの見せ場でした。

伊勢さんの場に慣れてる感が凄い。

ライブのたびに思うけど、伊勢さんをオーディションでアンジュルムに引き抜いた人に感謝。

七転び八起き

これも「ROCK ON! LOCK ON!」以来。その時と同じで、今回も、卒業メンバーの歌割りは川村さん、伊勢さんが多かったかな。

ちなみに、ダンス選抜は、佐々木さん、橋迫さん、為永さんでした。佐々木さんのリードしてる感、凄くカッコ良かった。

愛進愛退

タイトルが長すぎる「愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化した人間」ですが、笠原さんが居る体制で、自分が最後に聴きたかった曲の1つ。聴けて、ホントに良かった。

笠原さんが初参加した2016秋ツアー「絆」の1曲目で、そのツアーで初披露された新曲。

歌い出し、そして、曲中のロボットの役割も含めて、凄く思い出のある曲。

モニターでオリジナルの映像が流れていました。思い入れ深い曲だからか、凝ってますね。

川村さんがパート多くなってたような気が。後は、落ちサビ3番手の室田さんパートを佐々木さんが引き継いでいたのが熱いポイント。

落ちサビの佐々木さん、かなり上手いですよね。感情の入れ具合が凄く好きだった。

出すぎた杭は打たれない

本来、イントロ、間奏、アウトロで「オイ!オイ!」とコールをすることで有名な曲。

手拍子のせいもあるのか、リズムがズレまくりで吹き出しそうになってしまった。笑

勝田さんに「リズムが揃ってない」とダメ出しを食らいそう。会場に居たらしいけど、勝田さんもそう感じたでしょう、多分ね。

新・日本のすすめ!

ピンクの衣装、可愛い。

自分的には田村さん・室田さんのイメージ。今日やるとは思ってなかったのでビックリ。

しかも年下組で披露。

歌い出しが川名さんで、さらに驚き。歌いっぷりに、思い切りの良さに、度胸に、ホントに凄い。

5人とも素晴らしかったです、アンジュルムの未来は明るい。全ヲタクが感じたはず。

魔女っ子メグちゃん

これも笠原さんセンター曲で、今日、最後に聴きたかった曲の1つ。

リリイベや2019ツアー「Next Page」で何度も聴いて、聴き飽きた時期もあったけど、笠原さん最後となると、寂しさ・悲しさが勝る。

あの頃に戻って、シャランラで飛びたい。

今後、歌わなくなるのかな?

マナーモード

これが今日1番聴きたかった曲。絶対やってくれると思ったけど、イントロの瞬間は高まった。

2番サビ前でジャンプしたかった。

魔女っ子メグちゃんからマナーモードの流れ、リリイベの感じがして、懐かしい。

ラストサビの笠原さんソロ、ここの力強さがホントに好き。歴代のマナーモードで今日が1番パワフルだった気がする。

マナーモードのリリイベは死ぬほど参加したから、そういう意味でも思い入れが深い。

しかし、この曲、映像シングルだから高かったんだよなぁ。でも、行きまくって良かった。

笠原さんのパート、誰が引き継ぐんだろうか。

Uraha=Lover

これもめちゃ良い曲。

歌い出し2番手が伊勢さん、1番最初が笠原さん、2番Aメロ2番手が佐々木さんと、これも歌割りの引き継ぎがあった曲。

やっぱり1番感動したのは、落ちサビ2番手(和田さんパート)を笠原さんが歌った瞬間です。

交差点

この2年間で何度も聴いた交差点。

歌い出しの上國料さんを勝手に心配していたら、歌い出しが松本さん担当に。

最年少ながら綺麗な歌声に感動。

涙ながらも、しっかり歌う後輩組とは対照的に、先輩組の竹内さん、佐々木さんが号泣。

その対比で、グッと来る。

竹内さんが歌えなかったところで、ヲタクが手拍子でヘルプしたのも熱かった。

泣けないぜ…共感詐欺

交差点からの「泣けないぜ」が意味深すぎて、涙が引っ込んだ気もしたけど、好きな曲なのでOK。

タデ食う虫もLike it!

1番サビのラスト(船木さんパート)を川村さんが引き継ぎ。この曲以外にも、川村さんの歌割りが結構増えてた気がする。

川村さん、日々頼もしくなっていく。嬉しい。

そういえば、スカートの川村さん、珍しい気が。

地球は今日も愛を育む

笠原さんのソロ曲。

これ、予想できたヲタク、誰も居ないのでは?

和田さん&竹内さんの印象が強いけど、1人で歌うのは大変そう。

でも、改めて思うと、ずっと愛を伝えている、笠原さんらしい凄く良い選曲だったと思います。

そして、卒業の衣装。

パンツスタイルかなと予想してましたが、その通りだった。漆黒でめちゃくちゃカッコ良かった。

笠原さんによく似合う。

凄く映えるソロパフォーマンスでした。

YouTubeで公開されました

この日の笠原さんのソロ歌唱「地球は今日も愛を育む」がYouTubeで公開されました。下記をそのまま再生すると冒頭から視聴できます。

大器晩成

落ちサビの2番手、室田さん卒業後は、上國料さんに一旦引き継いだ後、ひなフェスでは最年少の松本さんが担当していました。

今日も松本さんかなと思ったら、、、

まさかの笠原さん担当に!

度肝を抜かれたのと同時に、ホントに最後の曲で笠原さんの力強い姿を見れて、感無量。

あの落ちサビの高ぶりは、何ものにも代えがたい。笠原さん、最後の最後まで、最高でした。

笠原さんらしい卒業スピーチ

少し早口なところ、そして、言葉のチョイスが、実に笠原さんらしいなと思いました。

ライブのMCでも、少し難しい、独特の言葉選びをする笠原さんの喋りが自分は大好きです。

今日、特に印象に残ったのは、仲間と呼べる人間に出会える機会は「全ての人に平等に訪れない」ということ、仲間と出会えた私は「特別だった」と述べたフレーズですね。

こういう時って「自分は幸せ者だった」みたいな表現がありますが、「平等じゃない」とか「自分は特別」という言い回しにしたのが、個人的に笠原さんらしいなと思いました。

やっぱり、笠原さんの言葉選び、好きだな。

後は要所で「変わらないものと変わりゆくもの」と言っていたのも印象に残りましたね。

笠原さんの初参加となった2017ホールツアー「変わるもの 変わらないもの」を思い出すような表現で、感慨深いところがありました。

YouTubeで公開されました

笠原さんの卒業スピーチがYouTubeで公開されました。下記動画をそのまま再生すると、スピーチの冒頭から視聴できます。

鬼気迫る上國料さん

グループの歌の中心であり、メディアへの露出も多い上國料さん。今日は、いつも以上にビジュアルが限界突破していて、美しすぎた。

世界一の美人。

アンジュルムにエースっていう概念あるのか知らないけど、スーパーエース級。パフォーマンスにしても、これまでのライブで見た上國料さんの中で1番キレキレで、鬼気迫るものを感じた。

橋迫さんの成長が止まらない

ライブ中の表情、めちゃくちゃ良くなってると思います。余裕も見えるし、生き生きしてる。

初めてアンジュルムの橋迫さんを見たのが、2019年8月、夏ツアーの熊本。そこから、ずっと見てますが、全然別人くらいに成長してる。

最後のライブ感想にしても、格段に喋りが上手になったのを感じました。

後輩が入ったのも大きな要因かな、このまま突き抜けていって欲しい。

終わりに

ほとんどフルサイズで満足度が高い

過去のホールツアーで「マナーモード」「Uraha=Lover」等がワンハーフになったことがありましたが、今日は、ほぼフルサイズ。

なかなか以前のようにライブが出来ない中で、久々の単独ライブ、フルサイズで聴けただけでも満足度が高いライブでした。

フルサイズで堪能できるって素晴らしい。

既存曲でも新鮮

2019春の和田さんから2020冬の船木さんまで卒業者が続き、その間に新メンバーも入ったアンジュルム。

体制変更に伴い、既存曲の歌割りも引き継ぎがあって、新鮮な感じがして良かったです。

歴代で1番「前向きな」卒業ライブ

まず、過去に卒業したメンバーの卒業ライブが良いとか、悪いとか、そういう話ではなくて。

今日の笠原さんの卒業ライブ、寂しい気持ちはあるけど、それ以上に「前向き」な気持ちが伝わったライブだったなと個人的に思いました。

セトリのおかげもあるかもしれないけど、凄くエネルギーを感じて、終始、楽しい卒業ライブだったと思いませんか?

もし、このメンバーでツアー回っていたら、めちゃくちゃ楽しかったんだろうな。

ということで、笠原さん、本当にありがとうございました。そして、お疲れさまでした。

それでは。