【ハロコン2020夏・セトリ・前半戦】Hello! Project 2020 Summer COVERS 〜The Ballad〜【7/11中野・初日】

ハロー!プロジェクトハロコン

20200711_ハロコン

2020年7月11日(土)、中野サンプラザで「Hello! Project 2020 Summer COVERS 〜The Ballad〜」が行われました。いわゆる「夏のハロコン」です。新型コロナの影響で、2月末からライブが中止になっていたので、久々の現場です。

今回のハロコンは、例年とは違って、ハロプロ楽曲ではなく、「J-POPを中心としたバラード曲のカバーを歌う」という内容になります。そして、全52人のメンバーが、3つのチームに分かれて、チームごとの公演になります。

それでは、各チームのセトリをどうぞ。

【最新】2020秋ハロコンのセトリ

2020年9月19日(土)から、ハロプロの「2020秋のハロコン」が始まりました。夏に引き続き、J-POPのバラード中心のハロコンになります。セトリは以下の記事からご覧ください。

8/22から、歌唱楽曲が追加・シャッフル

8月22日(土)の中野公演から、歌唱楽曲の追加・シャッフルがありました。新しいセトリは、以下の記事からご覧ください。

セトリ

セトリの見方はこんな感じです。上段が歌唱メンバー、下段は歌唱楽曲の情報です。

2020夏ハロコン セトリの見方

また、3曲歌うごとに、その3名+司会でのMCがあります。

Aチーム

  1. Aチーム全員
    365日の紙飛行機【AKB48】
  2. 段原瑠々(Juice=Juice)
    見上げてごらん夜の星を【坂本九】
  3. 高瀬くるみ(BEYOOOOONDS)
    Time goes by【Every Little Thing】
  4. 岡村ほまれ(モーニング娘。’20)
    M【PRINCESS PRINCESS】
  5. 川村文乃(アンジュルム)
    未来へ【Kiroro】
  6. 加賀楓(モーニング娘。’20)
    楓【スピッツ】
  7. 秋山眞緒(つばきファクトリー)
    春なのに【柏原芳恵】
  8. 譜久村聖(モーニング娘。’20)
    僕は君に恋をする【平井堅】
  9. 井上玲音(Juice=Juice)
    糸【中島みゆき】
  10. 松永里愛(Juice=Juice)
    ただ泣きたくなるの【中山美穂】
  11. 船木結(アンジュルム)
    大阪で生まれた女【BORO】
  12. 石田亜佑美(モーニング娘。’20)
    なごり雪【イルカ】
  13. 新沼希空(つばきファクトリー)
    会いたくて 会いたくて【西野カナ】
  14. 羽賀朱音(モーニング娘。’20)
    もしもピアノが弾けたなら【西田敏行】
  15. 西田汐里(BEYOOOOONDS)
    PRIDE【今井美樹】
  16. 小林萌花(BEYOOOOONDS)
    私はピアノ【サザンオールスターズ】
  17. 江口紗耶(BEYOOOOONDS)
    Lemon【米津玄師】
  18. 小片リサ(つばきファクトリー)
    明日への手紙【手嶌葵】

Bチーム

  1. Bチーム全員
    365日の紙飛行機【AKB48】
  2. 小野瑞歩(つばきファクトリー)
    I LOVE YOU【尾崎豊】
  3. 島倉りか(BEYOOOOONDS)
    スローモーション【中森明菜】
  4. 野中美希(モーニング娘。’20)
    Hello, Again ~昔からある場所~【MY LITTLE LOVER】
  5. 稲場愛香(Juice=Juice)
    明日への扉【I WiSH(川嶋あい)】
  6. 里吉うたの(BEYOOOOONDS)
    赤い風船【浅田美代子】
  7. 佐々木莉佳子(アンジュルム)
    ハナミズキ【一青窈】
  8. 高木紗友希(Juice=Juice)
    ワインレッドの心【安全地帯】
  9. 上國料萌衣(アンジュルム)
    さよなら【オフコース】
  10. 北川莉央(モーニング娘。’20)
    ありがとう【いきものがかり】
  11. 山岸理子(つばきファクトリー)
    想い出がいっぱい【H2O】
  12. 伊勢鈴蘭(アンジュルム)
    三日月【絢香】
  13. 小野田紗栞(つばきファクトリー)
    プラネタリウム【大塚愛】
  14. 平井美葉(BEYOOOOONDS)
    海の声【浦島太郎(桐谷健太)】
  15. 前田こころ(BEYOOOOONDS)
    366日【HY】
  16. 森戸知沙希(モーニング娘。’20)
    会いたい【沢田知可子】
  17. 佐藤優樹(モーニング娘。’20)
    ひこうき雲【荒井由実】
  18. 金澤朋子(Juice=Juice)
    Jupiter【平原綾香】
  19. 生田衣梨奈(モーニング娘。’20)
    キミを忘れないよ【大原櫻子】

Cチーム

  1. Cチーム全員
    365日の紙飛行機【AKB48】
  2. 一岡伶奈(BEYOOOOONDS)
    TOMORROW【岡本真夜】
  3. 山﨑夢羽(BEYOOOOONDS)
    愛唄【GReeeeN】
  4. 横山玲奈(モーニング娘。’20)
    ひまわりの約束【秦基博】
  5. 竹内朱莉(アンジュルム)
    雪の華【中島美嘉】
  6. 清野桃々姫(BEYOOOOONDS)
    香水【瑛人】
  7. 笠原桃奈(アンジュルム)
    あなたに逢いたくて~Missing You~【松田聖子】
  8. 植村あかり(Juice=Juice)
    駅【竹内まりや】
  9. 浅倉樹々(つばきファクトリー)
    カブトムシ【aiko】
  10. 宮本佳林(Juice=Juice)
    オリビアを聴きながら【杏里】
  11. 岡村美波(BEYOOOOONDS)
    あなたに会えてよかった【小泉今日子】
  12. 小田さくら(モーニング娘。’20)
    もののけ姫【米良美一】
  13. 牧野真莉愛(モーニング娘。’20)
    夢をあきらめないで【岡村孝子】
  14. 谷本安美(つばきファクトリー)
    打上花火【DAOKO】
  15. 橋迫鈴(アンジュルム)
    セーラー服と機関銃【薬師丸ひろ子】
  16. 工藤由愛(Juice=Juice)
    さよなら 大好きな人【花*花】
  17. 山﨑愛生(モーニング娘。’20)
    手紙 ~拝啓 十五の君へ~【アンジェラ・アキ】
  18. 岸本ゆめの(つばきファクトリー)
    やさしいキスをして【DREAMS COME TRUE】

曲順は毎回抽選で決定

歌唱順は抽選によって決めているらしく、同じ公演でも抽選し直すみたいです。今回のセトリの曲順は、7月11日(土)・12日(日)の中野サンプラザ公演のものになります。土日で曲順の変更はありませんでした。

抽選は毎週金曜日に行うみたいです。つまり、今回の中野サンプラザ公演から想像すると、金曜日に抽選して曲順を決めて、その週の土日公演は同じ曲順で歌うに見えますね。つまり、1週間ごとに歌唱順を変えるということ。

事前発表から変更があった楽曲

事前に発表された時点から1曲だけ変更がありました。

セトリから外れた楽曲

First Love【宇多田ヒカル】

替わりにセトリに入った楽曲

ただ泣きたくなるの【中山美穂】

この楽曲を歌ったのは、Aチームの松永里愛さんでした。

先週、段原瑠々さんが「声帯炎」を発症して、声が出し辛い状態だったのですが。本来、段原さんが「First Love」を歌う予定だったのが、喉の影響で「見上げてごらん夜の星を」に変更になり、その流れで、松永さんの歌唱楽曲も変更されたかも?

まぁ、単なる想像なので、何の根拠もないですが。歌唱楽曲が事前に発表された段階でも、「楽曲は一部変更となる場合がある」と記載されていましたし。

各公演の聴き所

個人的に感じた各公演(チームごと)の聴き所について書きたいと思います。ココに書いてるメンバーが良くて、書いてないメンバーが良くなかった、というわけではないのでご了承ください、

Aチームの聴き所

西田汐里(BEYOOOOONDS)

AチームのMVPを1人だけ挙げるなら、ダントツで西田汐里さん。歌唱曲は、今井美樹さんの「PRIDE」でした。声質が圧倒的に曲に合っていたと思います。歌っているときの落ち着きや透明感がめちゃくちゃ良かった。先日のソロフェスから、西田さんへの熱が上昇中です。

9月16日(水)に、YouTubeで配信された「ハロ!ステ」で、西田さんの歌う「PRIDE」の映像が公開されています。まだ視聴してない方は是非。

井上玲音(Juice=Juice)

井上さんの歌唱曲は、中島みゆきさんの「糸」でした。個人的に好きな曲だったのもあるけど、西田さんに次いで良かった。かなり難曲だったと思うけど、歌い方に井上さんの特徴が出ていて、素晴らしかったです。この曲は、歌詞がホントに良い。

9月2日(水)に、YouTubeで配信された「ハロ!ステ」で、井上さんの歌う「糸」の映像が公開されました。以下の動画、是非ご覧ください。

岡村ほまれ(モーニング娘。’20)

続いては、岡村ほまれさん。歌唱曲は、PRINCESS PRINCESSの「M」です。全52人中、最年少組に属する岡村さんが、この失恋ソングを歌うというギャップがヤバかった。Aチームで、もっとも意外な選曲でしたが、凄く上手でした。緊張感も伝わったけど、とても可愛いかったです。

井上さんと同じく、9月2日(水)にYouTubeで配信された「ハロ!ステ」で、岡村さんの歌う「M」が視聴可能です。

Bチームの聴き所

金澤朋子(Juice=Juice)

推しメン補正があるかもしれないけど、全チームを通してMVPを贈りたいのは、金澤朋子さん。歌唱曲は平原綾香さんの「Jupiter」でした。難しい曲だったと思いますが、金澤朋子バージョンの「Jupiter」は、圧倒的に上手かった。

基本的に原曲キーで歌う主義の金澤さんですが、今回はキーを半音上げたとのこと。たいせいディレクター(シャ乱Q)から半音上げたバージョンのテープをもらって、かなり練習したらしいです。低音から高音まで凄いの一言。

音量のバランス調整のためか、聴きやすい歌声を届けるためか、時折、マイクを口から遠ざけて歌う姿すら、凄くプロフェッショナルを感じました。金澤さんのパフォーマンス後の拍手の大きさが、その凄さを物語っていたと思います。

8月26日(水)に、YouTubeで配信された「ハロ!ステ」で、金澤さんの歌う「Jupiter」の映像が公開されました。楽曲のシャッフルがあってから、二度と聴けないと思っていたので、これは嬉しい。

金澤さん、Excellent!!!

伊勢鈴蘭(アンジュルム)

伊勢鈴蘭さんが歌ったのは、絢香さんの「三日月」でした。普通に上手い。2018年秋にアンジュルムして、ここまで凄くなるとは。初参加した「輪廻転生」ツアーのときから、物怖じしない印象は既にあったけど。先輩メンバーの卒業が続く中で、伊勢さんはマジで希望。

なんと、8月22日(土)に、伊勢さんの歌う「三日月」がYouTubeのアンジュルム公式チャンネルで後悔されました。素晴らしいので是非チェックしてみてください。

島倉りか(BEYOOOOONDS)

島倉りかさんが歌ったのは、中森明菜さんの「スローモーション」でした。ソロフェスでも歌唱一本だった島倉さん。今回のハロコンでも非常に良かったです。サビの伸びやかで、めちゃくちゃ聴き心地が良かったです。

歌った後のMCコーナーでも、司会から「再現VTRで、中森明菜さんの本人役で行けるんじゃない?」と言われるほど、とても昭和の世界でした。

島倉さんの歌う「スローモーション」も、金澤さんと同じく、8月26日(水)の「ハロ!ステ」で映像が公開されました。コチラも素晴らしいので、是非チェックしてみてください。

佐々木莉佳子(アンジュルム)

普段のライブとは印象がガラッと違って良かったのは、アンジュルムの佐々木莉佳子さん。歌ったのは一青窈さんの「ハナミズキ」でした。Cチームの笠原桃奈さんでも感じたことですが、普段の元気な明るい感じとは一転して、切ない歌い方で聴き入っちゃいます。皆が知ってる曲だし、良い曲が当たったんじゃないでしょうか。

Cチームの聴き所

清野桃々姫(BEYOOOOONDS)

まず、Cチームで良いなと思ったのは、清野桃々姫さん。選曲は瑛人さんの「香水」でした。ソロフェスでは「トークボックス」という楽器に話題が終始して、「何かスゲエ!」っていう印象でしたが。この「香水」は、純粋に上手かったです。マスターして、自分のモノにして歌っている感じ。素晴らしいに尽きる。

岸本ゆめの(つばきファクトリー)

岸本さんも凄く上手かった。歌唱曲はDREAMS COME TRUEの「やさしいキスをして」でした。ソロフェスの歌一本のパフォーマンスをそのままにって感じ。歌い出しから上手くて、切ない歌い方がめちゃめちゃ良かったです。「空気が変わった」とか「圧巻」とか、そういう言葉で表現できる歌唱でした。

小田さくら(モーニング娘。’20)

歌唱曲が発表された時点で話題になっていた、米良美一さんの「もののけ姫」を歌ったのは、小田さくらさんでした。斜めを向いたり、下を向いたりして歌うメンバーも居る中で、小田さんはずっと正面の一点を見つめたまま、ほぼ仁王立ちで歌唱。

原曲よりもキーを上げているので、皆さんがこれまで聴いてきたオリジナルの「もののけ姫」とは少し印象が違うと思うかもしれないけど、まさに「小田さんにしか歌えない曲」だったと思います。素晴らしいの一言です。

笠原桃奈(アンジュルム)

アンジュルムの笠原桃奈さんが歌ったのは、松田聖子さんの名曲「あなたに逢いたくて~Missing You~」でした。歌い出した瞬間、最初、誰が歌っているのか分かりませんでした。いつもの元気でパワフルな笠原さんではなく、ホントに丁寧で綺麗な歌声でした。笠原さんのヲタクは是非聴いて欲しいです。

忘れずに持っていくモノ

マスク

今回、整列~入場~鑑賞~退場と、常時マスクの着用が必須です。

マスクは絶対忘れずに

供給も追いついて来たので、以前ほど入手は難しくないと思います。

双眼鏡(オペラグラス)

コチラは、マスクより優先度は下がりますが、ほぼ必須で持っておいた方が良いモノです。

双眼鏡(オペラグラス)です。

今回、中野サンプラザ公演の時点では、「スクリーン未使用」でした。そのため、歌っているメンバーを大きく映すこともしないので、1階の超前方席以外の人は、メンバーをハッキリと見れない可能性があります。

1階の前方でも表情まで見るのは難しいので、1階席の中~後方、2階席・3階席の方に至っては、ぼんやりとシルエットが見える程度だと思われます。

推しメンがバラードを歌っているときの表情、見たくありませんか?

私が実際に感じたことを書きます。私は、今回のハロコン、中野サンプラザの一桁列で参戦してきました。しかし、前述の通り、一桁列でも表情までハッキリ見るのは不可能でした。

当日は、念の為、双眼鏡を持参していました。でも、ステージ全体を見たいので、使うことは無いだろうと思っていました。しかも、座席も1階の前方(一桁列)でしたし。

しかし、公演が始まってみると、表情が全然見えない。なので、結局、双眼鏡を使っているときの方が多かったです。今回、歌唱スタイルは直立不動に近いので、動き回るメンバーを追いかける必要はありません。

人気J-POPのバラード曲をソロで歌うという、またとない機会なので、是非とも双眼鏡で推しメンの表情を見るべきだと思います。

マスクと一緒に双眼鏡は絶対持っていきましょう!

安価なモノなら2000円以下でも買えますが、長く使うことを考えると、もう少し出して、良いモノを選んでみても良いかも。以下の双眼鏡は、4000円台ですが、コンパクト&軽量で、倍率も十分なので中々良さそうです。

この双眼鏡のレビューをAmazonで見ると、コンサート・ライブ(横浜アリーナや東京ドームなど)での使用目的で購入されている方が多数います。コスパ・使用感も良さそうです。

新型コロナ対策

新型コロナウィルスが収束(終息)しない中での公演ということで、ソーシャルディスタンスを意識した運営が実施されました。当日の様子を少し紹介したいと思います。

時差による整列・入場

ハロコン時差入場
引用元:http://helloproject.com/news/12124/

入場時の混雑(三密)を避けるため、座席ごとに入場時間を分けての整列・入場となりました。

入場待機列

20200711 ハロコンの様子
引用元:https://twitter.com/MSDF1030

待機列には、地面に目印のマークが貼られています。

20200711 ハロコンの様子
引用元:https://twitter.com/MSDF1030

ソーシャルディスタンスを意識して、こんな感じで間隔があります。

20200711 ハロコンの様子
引用元:https://twitter.com/k_asagohan

入場待機列の様子。普段のグッズ列や入場列を見たことがある方は分かると思いますが、かなり間隔が空いていますね。

入場の流れ

NEWS ZERO ハロコン2020夏
引用元:news zero(2020/07/16放送)

整列した後、入場までの流れは簡単に言うと、こんな感じ。

  1. 階段で検温(非接触式)
  2. 手指のアルコール消毒
  3. COVID-19追跡システムのQRコード読み取り
    (システムへの登録は座席で行う)
  4. チケット提示
    (目視確認のみで、モギリは無し)

追跡システムの登録

追跡システム
画像クリックで大きいサイズを開きます

感染者が出たときの行動の追跡用ですね。連絡が取れるメールアドレスと当日の座席の2つを入力します。それ以外の個人情報は入力しなくて良いみたいです。

ちなみに、スマホを持ってない人は、紙に記入するようです。

座席は前後左右が空席になる

ハロコン2020夏 座席

座席については、自分の左右前後が空席になるような配置で、自分と他のお客さんとの間には、スペースが確保されるようになっています。上図だと青色の数字が座れる座席、グレーは空席です。

NEWS ZERO ハロコン2020夏
引用元:news zero(2020/07/16放送)

このように1人おきにスペースを確保した結果、実質の座席数(入場者数)は約半分以下に。参加できるヲタクの数は減るけど、今の状況だと仕方ないですよね。

終わりに

ということで、2020年、夏のハロコンのセトリでした。今回は、歌唱楽曲のみ、あらかじめ発表されていました。ただし、誰がどれを歌うのかは非公開だったので、その予想が楽しかったところもありますね。

個人的に、事前に発表された歌唱楽曲の中で「もののけ姫」が異彩を放っていたので、誰が歌うのかずっと気になっていました。歌唱力が凄く求められる曲ですが。実際に歌った小田さくらさんは、さすがですね。

小田さくらさんの「もののけ姫」もインパクトありましたが、1曲目の全員によるAKB48の「365日の紙飛行機」もインパクトありましたねw

おおよそ半年弱ぶりのハロプロの生の現場でしたが、J-POPのバラードを歌うという、普段と違う感じのライブで良い感じだったのではないでしょうか。

先週のソロフェスと同様に、グループでは無く、ソロでパフォーマンス(歌唱)する場になりました。改めて思うのは…

ハロプロは歌が上手なメンバーが多い

ということです。来週以降で参戦される方、ソーシャルディスタンスを意識しつつ、楽しんできてください。

それでは。