【ハロコン2020冬・セトリ】Hello! Project 2020 Winter HELLO! PROJECT IS [     ] ~side B~【1/3中野・2日目】

ハロー!プロジェクトハロコン

ハロコン2020冬_オープニング

2020年1月3日(金)、中野サンプラザで行われた「Hello! Project 2020 Winter HELLO! PROJECT IS [     ] ~side B~」に行ってきました。昨日に引き続き、冬のハロコンです。今日の昼公演は、いわゆる「B公演(side B)」ということで、セトリやシャッフルの組が異なっていますので、簡単にレポートしたいと思います。

A公演(side A)のセトリはコチラ

セトリ(side B)

  1. ハロー!ヒストリー
    (全員)
  2. 新年バンジージャンプ
    (BEYOOOOONDS)
  3. 明晩、ギャラクシー劇場で
    (アンジュルム)
  4. 眼鏡の男の子
    (アンジュルム&BEYOOOOONDS)
  5. 人生、すなわちパンタレイ
    (アンジュルム&BEYOOOOONDS)
  6. シャッフルメドレー前半
    1. ボーイフレンド
      1月生まれ
      (石田・伊勢)
    2. 白いTOKYO
      2月生まれ
      (牧野・野村・森戸・横山・一岡)
    3. 桜チラリ
      3月生まれ
      (羽賀・和田・小田・高瀬・北川)
    4. 旅立ちの春が来た
      4月生まれ
      (岸本・高木・浜浦)
    5. 世の中薔薇色
      5月生まれ
      (佐藤・段原・岡村(ほ)・船木・佐々木)
    6. 悲しき雨降り
      6月生まれ
      (西田・室田・前田・山﨑(愛))
  7. ダンス部パフォーマンス
    (牧野・稲場・山岸・里吉・森戸・竹内・室田)
  8. 悪いヒト
    (ハロプロ研修生)
  9. 抱きしめられてみたい
    (つばきファクトリー)
  10. 好きかもしれない
    (こぶしファクトリー)
  11. 今夜だけ浮かれたかった
    (こぶしファクトリー&つばきファクトリー)
  12. シャララ!やれるはずさ
    (こぶしファクトリー&つばきファクトリー)
  13. 青春の花【新曲・ラストシングル】※1/11から
    (こぶしファクトリー)
  14. シャッフルメドレー後半
    1. 夏の夜はデインジャー!
      7月生まれ
      (金澤・生田・川村・松永・井上・秋山)
    2. シャニムニ パラダイス
      8月生まれ
      (江口・広瀬・小林・島倉)
    3. 恋のヌケガラ
      9月生まれ
      (浅倉・里吉・工藤・小野)
    4. ハピネス~幸福歓迎!~
      10月生まれ
      (橋迫・野中・新沼・岡村(美)・太田・笠原・上國料・譜久村)
    5. WOW WOW WOW
      11月生まれ
      (小片・山﨑(夢)・谷本・竹内・山岸・加賀)
    6. ロマンスを語って
      12月生まれ
      (宮本・平井・小野田・清野・稲場・植村)
  15. ミステイク【新曲】
    (ハロプロ研修生ユニット)
  16. Va-Va-Voom
    (Juice=Juice)
  17. KOKORO&KARADA
    (モーニング娘。’20)
  18. I surrender 愛されど愛
    (モーニング娘。’20&Juice=Juice)
  19. 伊達じゃないようちの人生は
    (モーニング娘。’20&Juice=Juice)
  20. スッペシャル ジェネレ~ション
    (全員)
  21. Say Yeah!-もっとミラクルナイト-
    (全員)
  22. Magic of Love
    (全員)

BEYOOOOONDS

新年バンジージャンプ(元年バンジージャンプ)

BEYOOOOONDSの「元年バンジージャンプ」は、「元年」の部分を「新年」と言い換えて、「新年バンジージャンプ」として披露。昨日のA公演(side A)のセトリには入ってなかったので、今日は聴けるかなと期待してましたが、この曲をやってくれて嬉しかったです。

「元年バンジージャンプ」は、サビの最後の歌詞が、歌い方含めて凄く可愛くて最高です。とにかく明るく跳ねる感じで、とても多幸感のある曲ですね。 癖になるくらい、何回も聴きたくなります。

人生、すなわちパンタ・レイ

アンジュルムと合同で披露した「人生、すなわちパンタ・レイ」。1番はBEYOOOOONDSメンバーがメインで担当。冒頭の台詞パートは、高瀬さんが担当。

アンジュルム

眼鏡の男の子

今日聴けて1番良かったのは、何と言ってもアンジュルム&BEYOOOOONDSの合同で披露した「眼鏡の男の子」ですね。序盤の寸劇をアンジュルムメンバーで披露。この寸劇の瞬間が1番盛り上がった気がします。役割はこんな感じでした。

BEYOOOOONDS版
アンジュルム版
恋する女子高生
(山﨑)
橋迫
恋の応援団
(一岡、西田)
竹内、川村、上國料
お嬢様2人組
(島倉、岡村)
笠原、船木
ダンス系専門学生
(高瀬)
伊勢
名門女子高生
(江口)
太田
ストーリテラー
(清野)
室田
眼鏡の男の子
(前田)
佐々木

オーディション組3人が入る前のBEYOOOOONDSが9人に対して、現アンジュルムは10人居るので、最初に登場する女子高生が3人組→4人組に変更。おそらく竹内さんがアンジュルム版にしか居ない、オジリナルキャラクターだった模様。

ハロコン2020冬_アンジュルム_眼鏡の男の子_2

なので、寸劇も少しだけアンジュルム仕様に。通常、落ち込む橋迫さん(山﨑さん)を川村さん(一岡さん)&上國料さん(西田さん)が励ますところで、要所で竹内さんが「ファイト!」と茶々を入れるシーンが何度ありました。煽りかな?(良い意味で)

ハロコン2020冬_アンジュルム_眼鏡の男の子_1

後は、笠原さんが色んな意味で良かった。途中で「彼のお電車まだかしら?」の台詞が飛びそうになってましたが、何とか踏ん張って、ギリギリ思い出したのが面白かったのと。川村さんに「ホントのお嬢様は満員電車になんか乗らないものよ」と突っ込まれた後に、ダイナミックに地団駄を踏む笠原さんがとにかく面白い。

ハロコン2020冬_アンジュルム_眼鏡の男の子_3

イケメンの眼鏡の男の子役は、言わずもがな、佐々木さんでした。ストーリテラー(最後、眼鏡クンの彼女役)が室田さんだったので、最後は3期で結ばれるエンディングでした。何気に、後輩お嬢様役の船木さんもピッタリの配役だったと思います。

アンジュルムのヲタクの人は、この曲を聴く(寸劇を観る)ために、今回のハロコン行くのもアリだと思います。めちゃめちゃ面白かったです。

明晩、ギャラクシー劇場で

「私を創るのは私 / 全然起き上がれないSUNDAY」のカップリングだった、この曲。ヲタク的には結構評価高かったと思われる曲ですが、今日のハロコンが初披露。「人生、すなわちパンタ・レイ」も、昨夏のハロコンで初披露だったし、この2曲、何か境遇が似てる気がしませんか?

華やかな感じでアンジュルムにピッタリ。少しオシャレな感じもする。歌詞も良い(特にサビが)ので、聴くと元気になります。単独でも、是非ホールでやって欲しいなって思います。

こぶしファクトリー&つばきファクトリー

合同で披露した「今夜だけ浮かれたかった」「シャララ!やれるはずさ」は、どっちもブチ上がる曲だったので高まりました。ジャンプ禁止で飛べなかったけど。新曲も良いけど、この2曲は、好きな曲の上位なので、聴けると嬉しい。でも、この2曲でジャンプ禁止とは、いかがなものか。

「シャララ!やれるはずさ」の作り出す一体感、めちゃ好きです。合同で披露する曲は、1番を本家とは違うグループが歌っていたのですが、1番サビの浜浦さんパートは、岸本さんでした。岸本さんマジで強い。

こぶしファクトリーは、井上さんメインの「好きかもしれない」と、浜浦さんメインの「明日の私は今日より綺麗」を推してるのかな、この2曲をよく聴くイメージ。個人的には広瀬さんメインの「Come with me」も聴きたかったりします。オシャレでカッコ良い感じが好きなんですが。どこかのタイミングで、他の3人メインの曲に変わるかな?

シャッフルメドレー

今回、B公演(side B)のシャッフルは、誕生月でチームを組んで、その月にちなんだ楽曲を披露するというものでした。

ボーイフレンド

ハロコン2020冬_ボーイフレンド

1月生まれの石田さん&伊勢さんによる「ボーイフレンド」。全チーム内で2人組は、ココだけかな。今日聴いた中では、シャッフルメドレー1番手の、このチームが1番好きですね。2人とも歌い方が好きなのもあるけど、選曲からして、ホントに良かった。

2018年秋の「ハロプロ・オールスターズ チーム対抗歌合戦」もそうだけど、他グループのメンバーと一緒に歌うときの石田さんの先輩感、めちゃ好きです。それにしても、伊勢さんの歌唱力&色気は凄い。この歌にピッタリ。

旅立ちの春が来た

4月生まれの岸本さん&高木さん&浜浦さんによる「旅立ちの春が来た」。ココも少数精鋭の歌唱メンバーで、普通に良かったです。高木さんは現役ハロプロで1番歌上手い説ありますね。

夏の夜はデインジャー!

7月生まれのメンバーで披露。個人的に、推しメンの金澤さん&川村さんが居るというだけで、7月チームは熱い。自分の中で、この曲は、Juice=Juiceが2017年くらいのライブツアーで、カバーしたイメージで止まっています。歌い出しの川村さんで大勝利だったので、川村さんのヲタクは聴きに行きましょう。川村さんの声質は神。

ロマンスを語って

Juice=Juiceメンバーが多く居る12月チームは「ロマンスを語って」でした。僕の記憶が正しければ、サビは、宮本さん→小野田さん→稲場さん→清野さんだった(と思う)。この曲はジーンと来るものがありますね。

終わりに

ラストのオールキャストでのパフォーマンスは、ワンハーフ構成だったので、「Magic of Love」も2番は無し。ということで、「ここだよ!朋子!」コールもありませんでした、とても残念。オールキャストで歌うと言えども、やっぱり「Magic of Love」は、高木さんが抜群に凄い。

とりあえず、昨日と今日で両パターンの公演を見てきましたが、個人的には「B公演(side B)」の方が好みかな。各グループの楽曲、シャッフルメドレーともに、自分の好きな曲が多かったです。後は、途中でも長々と書きましたが、アンジュルム版の「眼鏡の男の子」が凄く良かったので、もう一度見たいなと思いました。

それでは。

Hello! Project 2019 SUMMER 〜beautiful・harmony〜【Blu-ray】 [ Hello! Project ]
created by Rinker