【セトリ・レポ】稲場愛香 卒業コンサート・Juice=Juice CONCERT TOUR ~terzo~ FINAL【5/30日本武道館】

ハロー!プロジェクトJuice=Juice, 稲場愛香

Juice=Juice CONCERT TOUR 〜terzo〜 FINAL 稲場愛香卒業スペシャル

2022年5月30日(月)、「Juice=Juice CONCERT TOUR ~terzo~ FINAL 稲場愛香卒業スペシャル」が日本武道館で開催されました。

参戦してきたので、セトリや感想をまとめたいと思います。それでは、どうぞ。

セトリ

  1. Va-Va-Voom
  2. プラトニック・プラネット(Ultimate Juice Ver.)
  3. POPPIN’ LOVE【初披露】
  4. MC1
  5. 「ひとりで生きられそう」って
    それってねえ、褒めているの?
  6. STAGE~アガってみな~
  7. ノクチルカ【初披露】
  8. Future Smile
  9. G.O.A.T.【初披露】
  10. 禁断少女
  11. ロマンスの途中
  12. MC2
  13. ダンスパフォーマンス
  14. ポップミュージック
  15. メドレー
    1. 初めてを経験中
      (稲場、有澤、入江、江端)
    2. 好きって言ってよ
      (稲場、工藤、松永)
    3. 微炭酸(アコースティック Ver.)
      (稲場、井上)
    4. 続いていくSTORY
      (植村、稲場、段原→全員)
  16. MC3
  17. 雨の中の口笛
    (工藤、松永、有澤、入江、江端)
  18. Mon Amour
    (植村、稲場、段原、井上)
  19. Fiesta! Fiesta!
  20. GIRLS BE AMBITIOUS! 2022
  21. 私が言う前に抱きしめなきゃね
  22. Goal〜明日はあっちだよ〜
  23. Magic of Love(J=J 2015Ver.)
  24. MC4
  25. Familia
  26. もしも…(稲場ソロ)【EN】
  27. シンクロ。【EN】
  28. MC5:卒業セレモニー
  29. 如雨露【EN】

観に行ってきた感想

再びセンターステージに戻る

先日のつばき武道館が北側メインステージだったので、その構成を今日も期待したのですが。

今日は再びセンターステージに戻っちゃいました。加えて、東西に花道がある構成でした。

後ろ(北側)にも振り向いてくれたので南北席の人は良かったと思いますが、横一列に並ぶと東西席からは見辛かったのではと思いました。

アリーナと1階席がフルキャパに

アリーナと1階席がフルキャパになりました。

狭い感じがするけど、たくさんのヲタクが参加できるようになったのは良いことですね。

軽く振りコピする際は、周りを気にしましょう。

アルバム新曲を加えたセトリに

ここに来るまでのツアーでもアルバム新曲が3曲披露されていましたが、残りの新曲

POPPIN’ LOVE

ノクチルカ

G.O.A.T.

については、今日が初披露でした。

生で初めて聴いた感想は、一言でいうと

「オシャレ」

だなと思いました。3曲とも好み。

できれば、ツアーでも歌い鍛えてきて、今日の武道館で披露という流れが良かったなと。

それにしても、9人で披露するのは今日が最初で最後になってしまったのが寂しい。

良曲揃いのアルバムなので、持ってない方は是非チェックしてください。

Va-Va-Voom

1曲目からエンジン全開。

宮本さんから落ちサビを引き継いだ松永さん、その迫力が16歳とは思えない。

序盤から震えましたね。

そして、ラストのフェイクは井上さん。元は金澤さんのパートだけど、何の違和感も無く。

ラストの松永さん&井上さんは圧巻だった。

このツアーで、この曲を先頭に持ってきた人、マジで天才だと思う。

禁断少女

みんな大好きな曲。金澤さんの卒コンや、今春のツアーでも歌ってないので、久々な気がする。

イントロの瞬間から、高まりがヤバかった。

この曲の見せ場でもある落ちサビ、高木さんの高音パートを引き継いだ工藤さん、成長凄い。

落ちサビ後半は植村さん→稲場さんのリレー。最後に稲場さんの歌声で聴けてよかった。

この瞬間、この日の最初の涙が出てきた。

ポップミュージック

新メンバーの江端さんが可愛すぎて、この曲中は双眼鏡でずっとロックオンして見てた。

自分が歌ってないときも、口パクしながら踊っていて、全部の挙動が可愛すぎる。

メドレー

最近の卒コンでは恒例となっている、卒業メンバーを固定しながら、各メンバーと思い入れのある曲をメドレーしていく。

初めてを経験中

単独での初武道館になる新メンバーとは「初めてを経験中」を披露。これはマジでセレクトが上手だと思った。天才すぎる。

好きって言ってよ

松永さん・工藤さんとは「好きって言ってよ」を歌い、これは2人の初参加シングルだったかな。

エモすぎた。

微炭酸(アコースティック Ver.)

そして、井上さんとは「微炭酸」のアコースティック版を披露。

これは、YouTubeで以前デュオした曲。

稲場さん自身も気に入っているらしく、昨年のバースデーイベントでもアコースティック版でソロ歌唱していましたね。

儚くも、オシャレなアレンジ。

2人の歌声が重なるとホントに綺麗。

続いていくSTORY

Juice=Juiceの代表曲、リーダー植村さん・サブリーダー段原さんと歌い始めて、途中で全員が合流するかたちで披露。

その演出も含めて、鳥肌ヤバかった。

歌い出しの植村さんの歌声が綺麗すぎて。今日の植村さんパートで1番好き。

「がんばれないよ」とかもそうだけど、植村さんの優しくて綺麗な入り方、心地よくて聴き入る。植村さんにしかできない。安定感。

雨の中の口笛

歌い出しの江端さんが可愛すぎた。

可愛さの暴力で、魂ごと持って行かれた。

もはや、歌唱力うんぬんとか全然関係なくて、異次元の可愛さだったと思うんですが、皆さんはどう感じましたかね?

マジで今年1番の衝撃だったかもしれん。CD音源より、可愛さが増してたよね。

ガルビーで「ハスキーボイスが武器」とか歌っていたから、余計に不意打ち食らった。

もちろん良い意味で。

最高のラストスパート

「Fiesta! Fiesta!」から「Magic of Love」まで、Juice=Juiceのライブ定番曲が続きました。

いつものカッコ良いJuice=Juiceって感じ。

Fiesta! Fiesta!

そういえば、センターステージ上部のモニターには、メンバーをアップで映すだけではなく、オシャレな字幕やエフェクトを付けていました。

その際、「Fiesta! Fiesta!」は炎のエフェクト。他の曲のときは凝ったエフェクトだったのに、マジの炎エフェクトで何故か笑ってしまったw

GIRLS BE AMBITIOUS! 2022

そして、「GIRLS BE AMBITIOUS! 2022」は動けない&ジャンプできないと辛い。

今回、アリーナと1階席はフルキャパだったので、隣と近くて、座ったままでは厳しかった。

タコ関連の歌詞が割り当てられている工藤さん、フェイクも魅せ場でしたね。

個人的に工藤さん&井上さんが目立って非常に良かった。

歌い終わりの「行くぜ!日本武道館ー!!」も、ラストスパートに向けての気合いが感じられて、会場全体が高まったと思う。

Magic of Love(J=J 2015Ver.)

ここだよ、りさち!

今日だけは「ここだよ、まなか!」になるのかと勝手に思ってたけど、そうでもなかった。

終盤の高木さんパート、段原さんのフェイクは圧巻。自分のモノにしてる、そんな印象ですね。

Familia

本編ラスト曲。

多幸感に溢れて、最後にもっかい泣きます。

この曲のMVの開幕シーン、サザエさんのエンディングが重なって、明るく楽しく感じるんだけど、深い感動もあって凄い曲。

この曲、卒業ソングなのに、幸せオーラ全開で泣いちゃいますね。

もしも…(稲場さんソロ曲)

憧れの先輩である工藤遥さんや嗣永桃子さんも自身のラストライブで歌った曲。

稲場さんも過去のバースデーで歌っていましたし、ソロフェスでのリクエストも多かった。

可愛い&あざとい、自分のキャラクターを最大限に魅せてくれた、ぴったりのソロ曲でしたね。

「できるでしょ?」

良いセリフだ。

ドレス姿も完璧にステキでした。

ちなみに稲場さんソロ曲は、卒コン当日24時(日付変わって0時)から配信されますので、皆さんダウンロードしましょうね。

シンクロ。

金澤さんの卒コンでは、金澤さん・植村さんのデュエットでしたが、今日は全員で披露。

卒業シーンで聴く「シンクロ。」はグッと来る。これまでの思い出が詰まった歌詞、良すぎる。

ラストフレーズを歌いきった稲場さんに痺れる。

ほわほわした植村リーダー

ラストの卒業セレモニーで一人ずつ稲場さんにメッセージを送るシーン。

「卒業おめでとう」と言おうとした植村さんは

まなかちゃん、お誕生日……

誕生日は12月ですよぉ!

wwwww

植村さんだなぁ…笑

wwwww

といった感じで、稲場さんの言う通り、植村さんらしい「良い感じ」な空気感で和みましたね。

とても不思議な空間。

初期5人時代のライブに割りと参加してた自分的には、末っ子の植村さんがリーダーになる未来は想像してなかったけど。

先代のリーダー達とも違って、ふわふわした感じで、みんなを包み込む素晴らしいリーダー。

主賓の稲場さんに負けず劣らずのビジュアル、そして、綺麗な歌声でした。まだまだ、植村さんがリーダーのJuice=Juiceを見たい。

ダブルアンコール後のサプライズ?

ダブルアンコールで稲場さんがステージに戻ってきて一礼して、再び退場するシーン。

最後、袖に捌ける際、出入口のカーテンを広げると、メンバー全員が稲場さんの帰りを待ち構えてました。ワチャワチャ感あり。

稲場さんが驚いているのを見ると、多分サプライズだったのかな。このときの多幸感が、言葉にならないくらい良かった。

最後、幸せ全開の終演でした。

ライブ映像

本公演のライブ映像がYou Tubeで公開されています。そのまま再生ボタンを押すと、曲の冒頭から視聴できますので、是非チェックを。

POPPIN’ LOVE

ノクチルカ

如雨露

もしも…(稲場愛香ソロ)

稲場愛香からの卒業メッセージ

終わりに

以上、稲場さんの卒コンの様子でした。

セレモニーの手紙では、涙ながらにカントリーへの感謝を述べるシーンが印象的でした。こっちまで貰い泣きしてしまった。

自分が最後に稲場さんを間近で見たのは、2019秋ツアー「Con Amor」のライブ後のお見送り会なので、ずいぶん前。一度くらい個別というヤツに行ってみたかった。

でも、芸能活動自体は続けるみたいなので、また稲場さんの歌を聴きに行きたいですね。

それでは、稲場さん、9年お疲れ様でした。