バトルリーグでストレスを感じたらポケモンGOから距離を置くべき【勝てない・つまらない・イライラ】

ゲームポケモンGO

ポケモンGO_休憩のススメ

今日は、GOバトルリーグの実装によって、PvP(Player vs Player:対人戦)が本格的になり、ポケモンGOの世界に起こった変化について書いてみようと思います。対人戦は好き/嫌い(得意/不得意)がハッキリ分かれますし、嫌い(不得意)なプレイヤーからするとストレスが溜まると思います。

ポケモンGOの引退・卒業の勧め

バトルリーグで勝つための方法

マスター版プレミアカップの最強ポケモン8選

バトルリーグのシーズン2で開催された「マスター版プレミアカップ」で活躍できるポケモンを紹介しています。もし宜しければ、下記からご覧ください。

ハイパー版プレミアカップの最強ポケモン10選

バトルリーグのシーズン3から追加された「ハイパー版プレミアカップ」で活躍できるポケモンを紹介しています。もし宜しければ、下記からご覧ください。

公式アカウントに突撃してはいけない

ポケモンGO 公式ツイッターへの突撃

まず最初に言いたいのは、

ストレスの捌け口に、Twitterの公式アカウトに突撃する(凸する)のは止めたほうが良い。

ポケモンGOには限ったことではないけど、こういうの多いですよね。SNSの普及した時代なので、公式アカウト(運営・開発者)に簡単にメッセージを送れてしまうのは、仕方ないのですが。

ポケモンGOでは、コミュニティデイ(イベント)で障害(アクセス負荷でサーバダウンなど)が発生した場合に、公式アカウトに突撃するユーザが多かった認識です。まぁ、そういう状況下では百歩譲るとしても、バトルリーグに対する不満は少し違うと思うんですよね。

ストレスを感じたらゲームと一旦距離を置くべきだと思います。

このあたり、私なりにバトルリーグの本格実装で、ポケモンGOに生じた変化も踏まえて少し書いていきたいと思います。

これまではユーザ同士が協力して遊ぶゲームだった

ポケモンGO レイドバトル

ポケモンGOはリリース当初は1人で遊ぶゲーム、もっぱらポケモンを集めるゲームでした。そこからレイドバトルという要素が導入されました。これはジムに登場するボスポケモンをユーザ同士が協力して討伐するイベントになります。

協力して敵を倒す!

皆が勝者になれる!

プレイヤー同士で、仲間意識も生まれて、皆が参加しやすいイベントですよね。

ある程度の人数さえ揃っていれば簡単に討伐できるため、子供から年配のユーザまで参加できるイベントでした。さらに、レイドバトルの報酬となるポケモンも全員にゲットチャンスがあり、不平不満も今ほどは無かったと思います。

PvP(対人戦)の実装

ポケモンGO トレーナーバトル

そして遂に、ポケモン本家では初代から導入されている対人戦がポケモンGOにも導入されます。ただし、実装当初はフレンド同士で行うフリーバトルしかできませんでした。なので、バトル好きのプレーヤーが集まって、オフ会(対戦会)を実施するのが主流だったと思います。

ポケモン対戦が好きな人達だけが、ひたすらバトルしていた。

このあたりも、バトル好きのトレーナー同士が好きで集まって、有志で対戦会をやっていただけなので、特にバトルをやってないユーザについては、これまで通りにポケモン収集メインで遊んでいたと思います。

強さが数値で見えるバトルリーグ

バトルリーグ レーティング

2020年に入り、GOバトルリーグが実装されます。勝つと増えて、負けると減る、レートという値によってユーザのランキングが目に見えるようになります。これは本家ポケモンの対人戦にも導入されていますが、レートが大きいほど強いというステータスになります。

勝者が居れば、敗者が居る

レイドバトルと違って、「敗者となるプレーヤー」が居ることが大きな違いです。

対戦好きなユーザであれば問題ないのですが、収集メインのガチ勢(特に対戦が苦手なユーザ)からすると面白くないシステムだと思います。ポケモンの収集度合い(図鑑のコンプ率、色違いの所持数)は、対戦の強さにほとんど関係しません。

本家ポケモンで対戦をしてきたユーザであれば、短期間でポケモンGOの対人戦でも勝ち上がることができるかもしれません。なので、収集メインでポケモンGO界の権威を持っていたユーザからすると、そのあたりが面白くないのではと思います。

「たくさんポケモン持ってるけど、バトル弱いじゃん」と思われたくないガチ勢って案外多いんじゃないでしょうか?

レアポケモンがバトルリーグの景品になる

ダークライ(色違い)

そしてバトルリーグにストレスを感じる理由の極めつけがコレじゃないかな。バトルリーグで通常であれば5戦中4勝以上すると景品としてポケモンをゲットできるのですが、その景品として「色違いのダークライ」が出現(ただし色違いになるかはランダム)していた時期がありました。

これまでは、バトルに関心が無ければ、GOバトルリーグに参加しなければ良かったのですが、そういう状況でも無くなってきました。

日頃から対人戦をしているユーザでも5戦4勝はそこそこ難しいので、ポケモン収集メインのユーザや子供&年配ユーザにとっては、かなりハードルが高いものだったと言えます。ポケモンGOは、本家ポケモン以上にバトルのスピード・展開が速いので、今すぐ始めて勝てるモノではありません。

ポケモン収集メインのユーザとしては、色違いダークライは喉から手が出るほど欲しい存在です。ですが、そもそも、その層のユーザがいきなり4勝するのは、かなり難しいのです。

課金アイテムによって、景品をゲットできる勝数を4勝→2勝に下げることができますが、色違いに遭遇できるかは運次第なので、余計にストレスが溜まったのではないでしょうか。

ストレスを感じたら距離を置くべき

という感じで、今なお、ポケモンGOのバトルリーグに不満を持っているユーザは一定数は居るんじゃないかなと思います。ですが、公式アカウントに突撃してストレスをぶち撒けるくらいなら、一旦ポケモンGOと距離を置くべきです。プレイするのは義務でも何でもないのですから。

一度ポケモンGOを止めてみて、他のことに時間を使ってみましょう。

もしくは、収集&レイドバトルをメインで遊ぶのも良いかもしれません。

やる気が復活したとき、バトルリーグの仕様が変わったときに、また戻って来れば良いだけです。

本家ポケモンと同様に、収集が好きなユーザ、対戦が好きなユーザ、どちらも好きなユーザ、それぞれ居ると思います。さらに、その度合が、ライトユーザなのか、ヘビーユーザなのかも、人それぞれです。皆が満足するというのは難しい話かなと。

終わりに

結論としては、バトルリーグ(対人戦)にストレスを感じるなら、ポケモンGOと距離を置いて一旦プレイを止めるか、これまで通り収集メインでプレイするか、どちらかだと思います。バトルリーグが面白くてプレイしているユーザも当然居るので、対人戦を不要な要素だと決めつけるのは時期尚早じゃないでしょうか。

それでは。

バトルリーグで勝つための方法

ゲームポケモンGO

Posted by ehime