【ポケモンGO】勝つための方法やコツについて考えてみる【バトルリーグの勝ち方】

ゲームポケモンGO

ポケモンGO

ポケモンGOのバトルリーグで勝つには、勝てるようになるには、どうすれば良いか少し考えてみました。ただし、パーティや技構成については、検索するとたくさん出てくると思います。そこで今回は、バトルの練習・勉強方法や精神論的な部分を中心に書いてみます。バトルリーグで勝てない方は是非読んで行ってください。

プレミアカップで活躍するポケモンについて

バトルリーグのシーズン2から開催される「プレミアカップ」で活躍が期待できるオススメのポケモンを予想してみました。もし宜しければ、下記からご覧ください。

試行錯誤で挑戦し続けるしかない

どんなゲームにも当てはまるかもしれないけど、結論はコレ。

ひたすら試行錯誤で対戦を続けるしかない。

ボロクソに負けたとしても、

  • パーティ編成を見直す
  • 技構成を見直す
  • 立ち回り(プレイング)を見直す

など、負けた理由で考えながら、色々修正して、繰り返しバトルするしかありません。今現在レートが2,500超えてる人も、3,000超えてる人も、きっと最初は負け続けていた時期もあったと思います。

5戦全敗しても気にしない

バトルリーグ5連敗(1セット全敗)でレートが一気に下がったとしても、決して挫けない。逆に全勝して一気に上がることもあると信じましょう。後述しますが、バトルリーグの対戦方式の特性上、全然勝てないときもあれば、全然負けないこともあります。

見せ合い無しのバトル

今現在、ポケモンGOのバトルリーグ(PvP)は、原作(本家ポケモン)の対戦方式で言うと、第四世代(ダイヤモンド・パール)以前の「見せ合い無し」方式になります。お互いのパーティを事前に公開しないため、対戦が実際に始まるまで相手のパーティは一切分かりません。

逆に第五世代(ブラック・ホワイト)以降は「見せ合い有り」方式になります。この場合、パーティ6匹をお互いに事前公開して、そこから3匹を選出してバトルする流れとなります。そのため、相手の選出を予想して挑むことがきます。

どっちの方式も良し悪しがありますが、ポケモンGOのバトルリーグが採用している「見せ合い無し」は、お互いにパーティが事前に分からないため、いわゆる「出たとこ勝負」になります。そのため、

  • 初手の対面が不利
  • 苦手とする特定ポケモンを出される

だった場合、一気にバトルに負けることもあります。ただし、これは逆もしかりです。初手対面で有利だったり、またはパーティ的に圧倒的に有利であれば、格上相手でも勝てる可能性があるということ。もちろん上位プレーヤーは、不利対面でも巻き返してきますが。

「見せ合い無し」バトルがゆえ、いかに勝つための準備をしても、勝てるときもあるし、負けるときもあります。それくらいに思っておくのが、バトルリーグを楽しむコツかなと思います。

対戦環境は常に変化する

ポケモン対戦は「メタゲーム」と言われます。さきほど述べたように相性が重要となるため、流行しているポケモンに対して相性が良いポケモンをパーティに入れることで、勝てる確率を上げることができます。その際、例えば、以下のようなことが起こります。

  1. 初手ギラティナが流行る。
  2. 1の対策として、初手ディアルガが流行る。
    (ディアルガはギラティナに強いため)
  3. 2の対策として、初手メルメタルが流行る。
    (メルメタルはディアルガに強いため)
  4. 3の対策として、初手ギラティナが流行る。
    (ギラティナはメルメタルに強いため)
     →巡り巡って、1に戻っている。

つまり、対戦環境(流行)は常に変化するため、いわゆる「最強パーティ」みたいなものは存在しないし、一度作ったパーティでリーグ中ずっと勝ち続けることも難しいと思います。

環境(流行)を読み切ることや、環境の変化によってパーティ変えていく柔軟性が重要になってきますね。ただし、それは凄く難しいことでもあります。凡プレーヤーの私の話になりますが、私は以前紹介した以下のパーティでずっと対戦していました。

マスターリーグ おすすめパーティ

ポケモンGOに詳しい方はすぐ分かると思いますが、このパーティで対戦していると、相手の初手「メルメタル」「メタグロス」といったポケモンが辛くなります。そして、一時期、自分の対戦環境で、この2匹(特にメタグロス)に初手でめちゃくちゃ遭遇する時期がありました。

そこで私は以下のようにパーティを変えました。

マスターリーグ パーティ

手持ちの中で、「メタグロス」に強く、使用頻度が高い「ギラティナ」「メルメタル」に対しても強めの「カビゴン」を採用しました。技構成は「したでなめる」「のしかかり」「ばかぢから」です。

そうすると、どうでしょうか。

パーティーを変えた(初手カビゴンを採用した)途端に、全然メタグロスに遭遇しなくなりました。コレって結構、ポケモンGOあるあるだと思いませんか。あるポケモンの対策をしたのに、対策した瞬間に、そのポケモンと全然対峙しないという。

そして、さらに逆風は続きます。まず、マスターリーグの「ギラティナ(オリジン)」のゲージ技としては、「シャドーボール」「あやしいかぜ」という、ゴーストタイプで統一が主流でした。そのため、ノーマルタイプの「カビゴン」を出すことで、安全・確実にギラティナを狩ることができました。

私にとっての逆風が何だったかというと、「りゅうのはどう」を覚えたギラティナに遭遇することが増えたのです。つまり、「ギラティナ側がカビゴン対策をしてきた」ということですね。その場合でもカビゴン有利は変わらないのですが、本来完封できる相手だったのが、想定外の痛手を負わされます。

特に、私のカビゴンはゲージ技が「のしかかり」「ばかぢから」の構成(どちらもギラティナに効果がいまひとつ)のため、有利対面のはずが、余計に苦しいという状況。ちなみに、ココからさらに対ギラティナを有利にするためには、カビゴンに「げきりん」や「じしん」を覚えさせる手もあります。

  1. ギラティナ対策にカビゴンを採用
    →ギラティナを確実に倒すため
  2. ギラティナ側が「りゅうのはどう」を採用
    →カビゴン側に少しでも負荷をかけたいため
  3. カビゴン側が「げきりん」を採用
    →ギラティナをより速く倒すため

と、こんな感じで、ポケモンの対戦環境は相性が重要であり、その環境(流行)は常に変化します。環境を読む力(情報収集)、環境に柔軟に対応する力を高くしていく必要がありますね。

感覚を掴むためには実戦あるのみ

対戦環境に適用するのと同じくらいに必要なのが実戦スキル。色々な感覚を掴むのが大事になってきます。例えば以下のような点です。

  • ゲージ技でどれくらいのダメージを受けるか?
  • ゲージ技をどのタイミングで撃ってくるか?
  • 相手の控えポケモンが何か?

ゲージ技でどれくらいのダメージを受けるか?

相手にゲージ技を撃たれて、そのポケモンを残したい場合、シールドを貼る必要があるかどうかを判断する場面があると思います。高威力のゲージ技を撃たれたり、もしくは弱点タイプを突かれて、一撃でダウンする可能性が高い場合は、判断がつきやすいと思います。

しかし、バトル終盤でHPが中途半端に減っている場面で、小~中威力のゲージ技をタイプ不一致で撃たれた場合など、撃たれた側の自分のポケモンを残すためにシールドを貼る必要があるかどうかは、判断が難しいですよね。

本来はシールドを貼らずとも耐えるのに、耐えないと思って貼ってしまうと、無駄にシールドを消費しています。逆に耐えると思って、実際は耐えきれないと、残しておきたかったポケモンを失ってしまいます。つまり、ダメージ感覚が必要です。

攻略サイトでシミュレーションしていて数値を記憶している人も居るかもしれませんが、多くの人は実戦を積むことによる経験から、何となくダメージ感覚を磨くことになると思います。

ゲージ技をどのタイミングで撃ってくるか?

ゲージ技を撃たれた際、シールドを貼らずに安全に受け切る方法があります。例としては、控えポケモン(タイプ相性的に有利な)と交換して、交換先のポケモンで受けることです。ただし、これは、相手がゲージ技を撃ってくるタイミングで、控えポケモンと交換することが必須になります。

交換のタイミングが早すぎると、相手がゲージ技を撃ち分けてきて、交代先のポケモンに効果抜群のゲージ技を撃たれてしまう。または、相手側がゲージを溜めた状態で、別のポケモンへの交換することを許してしまいます。

逆に交換のタイミングが遅いと、自分にとって不利なゲージ技を撃たれてしまいます。その場合、シールドを貼ってでも守るか、もしくは、そのポケモンを捨てるかの判断をくだす必要があります。つまり、ゲージ技を交換先のポケモンで受ける場合、交換のタイミングは早すぎても、遅すぎてもダメということですね。

このゲージ技を撃ってくるタイミングをつかむのは、前述したダメージ感覚よりも、一段難しい技術かなと思います。でも、上位のプレーヤーほど、このあたりのスキルは習得していると思います。

通常技の発動回数をカウントしているプレーヤーも居る?

さらに言うと、相手ポケモンの通常技の発動回数をカウントしているプレーヤーも居ます。例えば、場に登場したばかりのギラティナが通常技「シャドークロー」6回撃ってきた後に、ゲージ技を発動してきた場合、それは「あやしいかぜ」だと断言できます。

何故なら「シャドーボール」の発動に必要なゲージ量は「あやしいかぜ」より多く、シャドークローを7回以上撃ってゲージを溜める必要があるためです。よって、バトル序盤で、小威力の「あやしいかぜ」を撃ってきたと判断できれば、シールドを貼らずに受ける選択を取りますよね。

ただし、逆にシャドークローを7回以上発動した後に、ゲージ技を撃たれたとしても、それが「シャドーボール」かどうかは分かりません。シールドを消費させるために、あえて必要ゲージ量の少ない「あやしいかぜ」を撃ってくる可能性もあります。

このあたりになると、直感とか第六感とかそういうレベルになるかもしれませんが。そういう判断をするためにも、実戦を繰り返して経験を積むというのは大事になると思います。

相手の控えポケモンが何か?

前述した通り、ポケモンGOのバトルリーグは現在「見せ合い無し」の対戦です。対戦が始まるまで初手のポケモンは分かりません。さらに対戦が始まって初手同士が対面しても、控えのポケモンは分かりません。しかし、ココで控えのポケモンをある程度予想できるようになると、対戦はどうでしょうか?

今、場に出ている自軍のポケモンをシールドを使い切ってでも残す必要があるか。もしくは、目の前で対峙している相手ポケモンにある程度ダメージを負わせて、その後は倒れても良いか。後者は「雑に切る」みたいな言い方をしたりします。

まだ見えない相手の控えポケモンを倒すために、今現在、場に出ている自軍のポケモンが絶対に必要な場合を考えてみます。さきほどの雑に切る戦い方をして、その必要ポケモンを失ってしまうと、相手の控えに居るポケモンを倒せなくて、バトルに詰む可能性があります。

その場合、場に出ているポケモンを残す必要がありますが、相手の控えポケモンは出てくるまで分からないため、残すべきか、雑に切るべきか、普通は判断できないですよね。しかし、対戦を繰り返していると控えのポケモンが予想できる場合があります。

攻略サイトのパーティの編成例(おすすめ)を見たり、実際に自分で対戦を繰り返していると「よく見るパーティ」とかだったり。相手の初手から2匹目・3匹目を予想することは難しいですが、初手と2匹目から3匹目を予想することは何となくできるようになってきます。

相手の控えポケモンを予測したところで、それが苦手なポケモン(自軍にとって天敵)だった場合、どうすることもできないのですが。控えポケモンの予想を立てて、上手く立ち回ることで勝てる確率を上げることはできるので、控えポケモンの予想も重要なスキルだと思います。

対戦動画を見て勉強する

ひたすら対戦して実戦を積むと言いましたが、対戦時間が無かったり、アメや砂が足りずに育成できないと、対戦が出来ない方もいますよね。その場合は、「You Tubeで対戦動画を見る」というのがオススメです。ポケモンGOで検索すると、対戦動画(中には解説付きで)をアップしている方もたくさんいます。

特に私が重要だと思うのは、「初手の不利対面(出し負け)から勝つプレイング」です。いわゆる「捲くって勝つ」というバトルですね。YouTubeにアップされた対戦動画の中には、出し負けから捲くり勝っている動画もあるので、そのあたりのプレイングは参考になります。

上位プレーヤーの対戦動画はとても参考になるので、自分が対戦できない状況で勉強するには、とても良い教材だと思います。私がよく見ているプレーヤーを3人ほど、ご紹介したいと思います。

いずれもポケモンGOのバトル界隈では有名な方なのかな。個人的に接点があるわけでなく、一方的にリンクを貼らせて頂く点はご了承ください。

ISHIKAWABOY さん

1人目は「ISHIKAWABOY」さん。シーズン1でランク10に到達されているプレーヤーです。ランク10のプレーヤーということで、プレイングもとても参考になるのですが。個人的には、他のポケモンGO YouTuberとは、一味違った動画の作りになっていて、とても面白いです。

ゲージ技を撃つ際に技名を叫ばれているのですが、火炎放射を「火遁 豪華滅却」と言ったり、逆鱗を「滅びのバーストストリーム」と言ったり、かなり独特です。元ネタが分かる人は分かると思います。

叫びすぎて、ISHIKAWABOYさんの喉への負荷が心配です。

mao さん

2人目は「mao」さん。コチラもランク10のプレーヤー。対戦動画もアップされていますが、バトルリーグの長時間配信もされています。ほぼ毎日の頻度くらいで対戦の配信をされている印象です。バトルが上手なだけでなく、声が聞きやすい点が個人的にオススメです。

みをつくし さん

3人目は「みをつくし」さん。私が最後に動画を拝見した時点で、レート2,900くらいでランク9でした。今回ご紹介した3人の中でも、対戦配信が最も多く、ほぼ毎日配信しているのではと思います。

生配信で解説しながら対戦されているのですが、それがホントに凄い。自分が同じように生配信をしたら無口になる気がしますが、よく対戦しながらこれだけ解説できるなぁと。

終わりに

長々と書いてきましたが、強くなるためには対戦を続けるのが近道ですね。と言っても、対戦自体が好きではないプレーヤーからすると、面白くないかもしれません。その場合は、1日数戦だけ対戦してみる等して、少しずつですが、対戦に慣れつつ徐々に勉強していきましょう。

それでは。

ゲームポケモンGO

Posted by ehime