【オススメの使い道】すごいわざマシン スペシャルを使うべきポケモン【ポケモンGO】

ゲームポケモンGO

すごいわざマシン スペシャル

2020年4月25日(土)のケーシィのコミュニティデイに発売されたボックスで、ついに「すごいわざマシン スペシャル」が入手可能になりました。購入は1回限定のため、使い道を迷っている方も居るのではと思います。今回はオススメの使い道について書いていきます。

プレミアカップで活躍するポケモンについて

バトルリーグのシーズン2から開催される「プレミアカップ」で活躍が期待できるオススメのポケモンを予想してみました。もし宜しければ、下記からご覧ください。

すごいわざマシン スペシャルとは

すごいわざマシン スペシャル

「すごいわざマシン スペシャル」は、バトルリーグのシーズン1でランク7に到達したプレイヤーに配付されるアイテムでしたが、先述したように2020年4月のコミュニティデイのボックスで先行で販売されました。

このアイテムを使うことで、そのポケモンが覚えることができるスペシャルアタック(ゲージ技)から、好きな技を1つ習得させることができます。しかも、現在は覚えることができない技も選択することができます。例えば、以下のようなゲージ技です。

  • コミュニティデイの限定技
    →ラグラージの「ハイドロカノン」
  • レイドバトルデイの特別技
    →ミュウツーの「サイコブレイク」
  • EXレイドの特別技
    →ミュウツーの「シャドーボール」
  • 今は覚えることができないレガシー技
    →ジュゴンの「こごえるかぜ」

特別な技を一切持っていないミュウツーに試しに使ってみます。

すごいわざマシン スペシャル

レイドバトルデイの「サイコブレイク」とEXレイドの「シャドーボール」が両方とも選択肢として表示されますね。どちらか片方を習得している個体を既に持っていれば、ゲージ技を2つとも特別な技(サイコブレイク+シャドーボール)にしたミュウツーも作成可能です。

この記事を書いている時点で、すごいわざマシン スペシャルは1個しか入手できないので、どのポケモンに使うべきか迷っている方も居ると思います。ですので、個人的にオススメしたいポケモン(ゲージ技)のTOP3を紹介したいと思います。

1位:ラグラージ

ポケモンGO ラグラージ

まずは第三世代からラグラージです。2019年7月のコミュニティデイの対象ポケモンです。もしくは2019年12月のコミュニティデイ(過去の全コミュニティデイポケモンが対象)でも、特別な技が習得可能でした。

特別な技:ハイドロカノン

ポケモンGO ハイドロカノン

原作と同じく、ポケモンGOの対戦環境でもラグラージはとても優秀です。弱点が草タイプのみで種族値にも恵まれています。通常技「マッドショット」のゲージの溜めやすさも相まって、必要ゲージ量が少ない「ハイドロカノン」は凄まじい回転率で連射可能です。

また、ラグラージは、スーパーリーグ、ハイパーリーグ、マスターリーグの全てで活躍できるスペックを持っています。良個体のラグラージ(ミズゴロウ系統)を持っているけど、ハイドロカノン習得済みの個体を持ってない方は、最優先でラグラージに「すごいわざマシン スペシャル」を使うのが良いと思います。

2位:メタグロス

ポケモンGO メタグロス

続いても第三世代からメタグロスです。原作でも強かったポケモン(いわゆる600族)ですが、特に第三世代~第五世代まで、ずっと対戦環境の中心にいたイメージです。タイプに恵まれていましたが、第六世代以降はゴースト&悪タイプが抵抗から等倍になったので、弱体化しています。

進化前のダンバルが大量発生したコミュニティデイは2018年10月のことでした。当初のイベント当日はメタグロスの人気もあり、サーバに負荷が掛かったのか、エラー続出でイベントが延伸されましたね。

特別な技:コメットパンチ

ポケモンGO コメットパンチ

メタグロスの特別な技は「コメットパンチ」です。原作でもメタグロスの代表技ですね。ポケモンGOにおいては、普段覚える鋼タイプのゲージ技は必要ゲージ量が多い「ラスターカノン」となり、メタグロスを使用する上でコメットパンチの有無は非常に大きいです。

伝説ポケモンが飛び交うマスターリーグの中でも活躍中で、バトルリーグで対峙するメタグロスはコメットパンチを100%採用されています。今後開催されるプレミアリーグ(伝説・幻が禁止)でも、メタグロスは最上位クラスのポケモンになることが予想されます。

同じくプレミアリーグで活躍が予想されるカイリューやトゲキッスに抵抗を持つ鋼タイプであり、高種族値のメタグロスの需要はかなり高いと思います。またメタグロスはレイドバトルのアタッカーとしても使用できます。

コメットパンチを習得した個体を持ってない方は、メタグロスに「すごいわざマシン スペシャル」を使用するのはアリだと思います。使っても損はしないはずです。

3位:グラードン

ポケモンGO グラードン

続いては、第三世代の伝説ポケモンからグラードンです。伝説ポケモンとしては初のランクイン。もともと特別な技は持っていなかったグラードンですが、2020年5月のジェネレーションチャレンジで、特別な技を習得しました。

特別な技:ほのおのパンチ

ポケモンGO ほのおのパンチ

グラードンの特別な技は、地面タイプではなく、炎タイプの「ほのおのパンチ」です。グラードンのゲージ技は必要ゲージ量が多く、発動までに時間が掛かる技が多かったのですが。この「ほのおのパンチ」は必要ゲージ量が40と、「じしん」の65より少なく、技の発動が早いです。

これによって、マスターリーグで使用頻度が高い「メルメタル」「ディアルガ」「メタグロス」の鋼タイプ三兄弟に対して、かなり強くなります。もともとグラードンはタイプ相性的に有利なのですが、ゲージ技の発動が遅いため、そこまで有利ではありませんでした。

今回、発動の早いゲージ技「ほのおのパンチ」を手に入れ、「メルメタル」「メタグロス」に対しては効果抜群でダメージが入るため、以前よりも余裕を持って倒すことができます。

また、「ディアルガ」に対しては、以前はタイマン(両者シールド2枚使用)で負けていたのですが、発動の早い「ほのおのパンチ」を得たことによって、タイマンで勝てるようになります。

このように、マスターリーグをプレイする上で、グラードンの「ほのおのパンチ」はかなり有用なゲージ技なので、是非習得させたいところです。

4位:メガニウム

ポケモンGO メガニウム

最後は第二世代からメガニウムです。コチラは先の2匹と違って、原作での活躍はかなり微妙ですね。ただし、ポケモンGOの世界においては、バトルリーグ(スーパー&ハイパー)での活躍が期待できます。進化前のチコリータが大量発生したのは2018年9月のコミュニティデイになります。

特別な技:ハードプラント

ポケモンGO ハードプラント

メガニウムの通常技「つるのムチ」がゲージを溜めやすい技であり、この「ハードプラント」は必要ゲージ量が少ないため、かなり回転率が良い技になります。最近は優秀な草タイプのポケモンが増えたので、メガニウム以外を使うという選択肢もあります。ただ、対人戦をメインでやる方にはオススメしたいです。

スーパー&ハイパーリーグで頻繁に見かける「マリルリ」「ナマズン」「ラグラージ」に強く出れる。さらに自身が草タイプでありながら、地面タイプの「じしん」を習得可能です。そのため、同じリーグの鋼タイプ枠「レジスチル」にも打点を持てる点が優秀です。

その他

ここまで書いたポケモンの特別な技を習得した個体を持ってない場合は、1位から順にオススメします。それ以外では、次点で「ブラッキー」「とっておき」ですかね。ブラッキーも対人戦(スーパーリーグ)をするプレイヤーが対象です。

なお、今回紹介した特別な技を習得した個体を全て持っている方は、いったん「すごいわざマシン スペシャル」は使用せずに持っておくことをオススメします。もちろん好きなポケモンに使うのは良いと思うのですが、あまりゲーム内で活躍できないので、もし私なら使わずに持っておきますね。

終わりに

ということで、「すごいわざマシン スペシャル」を使うべきポケモンの紹介でした。個人的にゲーム内で活躍できる度合いをベースにお話しましたが、少しでも参考になれば幸いです。自分の好み(趣味的)で使うのも良いですが、今後追加されるであろう特別な技を手持ちのポケモンに習得させたい場合を考えると、使用せずに持っておくのがベストだと思います。

それでは。

ゲームポケモンGO

Posted by ehime