【ポケモンGO】ハイパープレミアカップ最強10選【オススメ紹介・ハイプレ】

ゲームポケモンGO

ポケモンGO

この記事では、ハイパープレミアで活躍できる、オススメのポケモンを紹介します。

ハイパープレミアとは、ポケモンGOのバトルリーグ、シーズン3から導入された「ハイパーリーグ版プレミアカップ」のこと。伝説・幻ポケモンが出場禁止されたハイパーリーグ。

まずは、アメXLが不要、または、アメXLが少量で済むポケモンでオススメ10選を紹介。

そして、番外編として、アメXLが必要だけど、非常に強力なポケモン達も紹介します。

育成済みの個体を流用する方も、新たに育成を考えている方も、参考になれば嬉しいです。

なお、2021年4月1日時点で実装済みのポケモンや技の仕様で記載しています。

マスタープレミアカップの最強ポケモン

プレミアカップとは

リーグCP制限種族制限
スーパー1,500以下制限無し
ハイパー2,500以下制限無し
ハイパー
プレミア

2,500以下伝説・幻は禁止
マスター制限無し制限無し
マスター
プレミア
制限無し伝説・幻は禁止

各リーグの「CP制限」「種族制限」を表にまとました。シーズン2で実装されたプレミアカップを便宜上「マスタープレミア」とします。

新設されたのは「CPが2,500以下」「伝説・幻が出場禁止」となる新しいプレミアカップ。

この新しいプレミアカップを「ハイパープレミア」と呼ぶことにします。ハイパープレミアが、通常のハイパーリーグと大きく違う点は「伝説・幻の出場禁止」ですね。

ハイパーリーグで覇権を取っていた「ギラティナ」「レジスチル」「クレセリア」の3匹はもちろん、「メルメタル」や「アーマードミュウツー」も出場できません。

「レジスチル」「クレセリア」は下降修正されたとは言え、まだまだ強いポケモン。これらのポケモンが不在だと、環境も変わってきます。

なので、プレミアだとタイムアップは減りそう。

それでは、ハイパープレミアでオススメしたいポケモンを紹介していきます。

1位:ラグラージ

ポケモンGO ラグラージ

第三世代から「ラグラージ」です。説明不要のポケモンGOバトルリーグ界の主人公。

原作のルビー・サファイアで初登場時、可愛らしいミズゴロウが最終進化して、この姿になったときは、当時、とても驚きましたねw

全リーグで活躍可能なラグラージですが、1番活躍できるのが、このハイパーリーグでしょう。

タイプ・技ともに高性能

マスターの記事でも述べたので割愛しますが、タイプが優秀で弱点は草タイプのみです。

ハイパーリーグ環境においては、ステータスも高い方で優秀。通常技「マッドショット」とゲージ技「ハイドロカノン」の組み合わせが強力。

「ハイドロカノン」の回転力の高さは、バトルの逆転勝ちには必須。ゲージ技を連発できるポケモンは本当に強い。

ゲージ技は「ヘドロウェーブ」もアリ

通常ハイパーリーグ(伝説あり)におけるラグラージのゲージ技は「ハイドロカノン」「じしん」が定番でした。

しかし、ハイパープレミアにおいては、地面タイプの「じしん」ではなく、毒タイプの「ヘドロウェーブ」も候補としてはアリです。

まず、「ギラティナ」「レジスチル」など、「じしん」を撃ちたいポケモンが出場禁止。

一方で、フェアリータイプや草タイプに弱点を突ける毒タイプの「ヘドロウェーブ」の方が欲しい場面も出てくると予想。

地面が有効な炎タイプや鋼タイプは、水タイプの「ハイドロカノン」でも押せますし。

結局どっちが良いのかという話ですが、最終的にはパーティ&環境と相談ですね。

ただ、自分は「じしん」を採用しています。

理由は簡単、一致技で強いから!

ハイパーリーグでの使用率最上位

過去のハイパーリーグで、使用率最上位は

  • ギラティナ(伝説)
  • レジスチル(準伝説)
  • クレセリア(準伝説)
  • ラグラージ(通常)

でした。伝説が出場できない場合を考えると、ラグラージが利用率ナンバー1になります。

特に苦手とする「ギラティナ」「クレセリア」が不在なのは、とても大きいと言えます。

その分、マークされるとは思いますが、それでも、かなりの活躍が期待できます。

2位:フシギバナ

ポケモンGO フシギバナ

初代から「フシギバナ」です。御三家の草タイプで、知ってる方も多い、有名なポケモン。

こう見えて、意外と素早さも高く、原作では「ねむりごな」「やどりぎのタネ」に苦戦したプレーヤーも多いのでは。

第六世代では「メガシンカ」を習得し、ポケモンGOでもメガシンカできます。

つるのムチ&ハードプラントが強力

通常技「つるのムチ」とゲージ技「ハードプラント」のコンボが強力。「ラグラージ」ほどではないですが、回転率が凄まじいです。

メガニウムもしかり、ハードプラントを連打できるのは、この技構成を持つポケモンの強み。

「ラグラージ」などの水ポケモンをはじめ、技の通りが良い。「レジスチル」「メルメタル」の鋼タイプの強ポケモンが出場禁止なのは、「フシギバナ」にとっても追い風ですね。

ただし、ゲージ技「ハードプラント」は特別な技(コミュニティデイ限定)のため、「すごいわざマシン スペシャル」を使うか、当該技を覚えている個体を交換してもらいましょう。

フェアリーや格闘にも強い

ラグラージに強いだけではなく、毒タイプも併せ持つため、フェアリーと格闘にも強い。

この2タイプは、「あまえる」「カウンター」という、非常に強力な通常技が存在します。

フシギバナは、この2つの通常技に対して抵抗を持ち、対面で勝つことができます。ただし、「ドクロッグ」は除く。

これが草単タイプのメガニウムとの違い。

高いステータスを持ち、優秀な技にも恵まれ、環境トップの「ラグラージ」やフェアリー&格闘に強い点が「フシギバナ」の強さ。

3位:カイリュー

ポケモンGO カイリュー

初代から「カイリュー」です。いわゆる600族のドラゴンポケモン。

初代の四天王、第二世代のチャンピオンである、ワタルの相棒として有名。カイリューといえば「はかいこうせん」の印象が強いですよね。

胃袋(いぶくろ)でゴリ押す

マスタープレミアの記事で触れましたし、ご存知の方も多いと思うので、「胃袋」の由来などは割愛します。

基本的には、通常技「りゅうのいぶき」&ゲージ技「ドラゴンクロー」のコンボでゴリゴリ削っていく戦い方になるでしょう。

また、2つ目のゲージ技は、フェアリータイプに等倍で通る「ぼうふう」が最有力かと思います。

もし、コミュニティデイで進化させた個体をお持ちの方は、大きな一撃を放てる「りゅうせいぐん」を候補に入れても面白いかと。

優秀なドラゴンタイプ

氷やフェアリータイプにさえ注意すれば、メジャーなタイプには抵抗を持つため、前述の通り「りゅうのいぶき」でゴリ押せます。

ラグラージやフシギバナはカモにできるので、ゲージを貯めながら、一方的に倒せます。

ハイパーリーグでは脆いので注意

「カイリュー」は最大CPが高いポケモン。

そのため、CPが制限されたリーグに出場するためには、CPを抑えないといけないため、マスターリーグほどの高水準になりません。

CP制限の影響を受けて、耐久面が脆くなるので、ご注意ください。

4位:カイリキー

ポケモンGO_カイリキー

初代から格闘タイプの「カイリキー」です。

原作では通信交換で進化する、ワンリキーの最終進化系。特性「ノーガード」による「ばくれつパンチ」は強力でしたね。

ポケモンGO初期から、ジムバトルやレイドバトルで活躍し、今ではPvPでも大活躍中。

環境に刺さる格闘タイプ

とにかく、格闘タイプは刺さります。

少しだけ、例をあげると、

鋼タイプ
「マッギョ(ガラル)」「エンペルト」など。

氷タイプ
「ユキノオー」「ラプラス」など。

悪タイプ
「ブラッキー」「タチフサグマ」など。

ノーマルタイプ
「カビゴン」「タチフサグマ」など。

ハイパー環境でよく見かけるポケモンですよね。カウンターの通りが良いので、かなり有利に戦えると思います。

なお、弱点を突けなくとも、カウンターが等倍で入る相手であれば、対等に戦えます。

優秀なゲージ技「いわなだれ」持ち

「いわなだれ」は、ポケモンGOにおける優秀なゲージ技の1つでしょう。この技を覚えるポケモンって、強いイメージありませんか?

特に、カイリキーの場合、苦手とする飛行タイプに抜群で入るため、非常に優秀。

よって、定番ではありますが、技構成は「カウンター」「クロスチョップ」「いわなだれ」で決まりでしょう。

初期からプレイしているユーザであれば、カイリキーはゲット済みだと思うので、是非使ってみてください。お手軽だけど、超強いです。

シャドウがおすすめ

少し厳選が難しいですが、カイリキーはシャドウがおすすめです。攻撃力をアップさせたシャドウカイリキーは、出し負け時の引き先ポケモンとして、かなり優秀。

通常技「カウンター」の連打でもダメージを稼げますし、ゲージ技が格闘&岩の組み合わせのため、相手からすると非常に受け辛い存在です。

ハイパープレミアで引き先ポケモンに迷ったら、シャドウカイリキーを一度お試しください。

5位:キングドラ

ポケモンGO_キングドラ

第二世代から「キングドラ」です。シードラが金銀でさらに進化した、貴重な水・ドラゴン。

原作では、特性「すいすい」によって、雨パーティのエースとして君臨。

優秀な水・ドラゴンタイプ

原作同様に、飛び抜けたステータスではないですが、バランス重視の安定型。そして、弱点はフェアリー・ドラゴンの2タイプだけ。

最大CP的にもハイパーリーグ向きです。

通常技「りゅうのいぶき」でゴリ押す

カイリューやディアルガなどのドラゴン族と同じく、キングドラの立ち回りも「りゅうのいぶき」によるゴリ押しが基本形です。

鋼やフェアリーは苦手ですが、高速で削り性能が高いため、使い勝手は良い。

ゲージ技「オクタンほう」が強力

ゲージ技は「オクタンほう」「げきりん」が定番ですが、この「オクタンほう」が強力。

50%の確率で攻撃を2段階下げる効果があるため、相手にすると非常に厄介な技です。攻撃力を下げるだけで有利になりますからね。

下げられた側からすると、萎えますがw

6位:ドクロッグ

ポケモンGO_ドクロッグ

第四世代から「ドクロッグ」です。

目立たないポケモンと思われがちですが、公式大会であるWCS2009では、当時世界チャンピオンの草薙昨日選手(日本代表)が使用して、世界の頂点に君臨したポケモン。

気になる方は「ドクロエンペ」で調べましょう。

スーパーリーグでも見かけるドクロッグですが、ハイパーリーグでも強い。

通常技「カウンター」の使い手

ドクロッグの通常技は「カウンター」です。

ポケモンGOのバトルにおいては、非常に使いやすい技として有名ですね。

ハイパーリーグでは、ラプラス、カビゴン、マッギョ(ガラル)、ブラッキーなどに抜群を取れる点を含め、通りが良い格闘タイプの技。

2ターン技と呼ばれる、発動が速い通常技なので、操作的な意味でも使いやすい。

ゲージ技も使いやすい組み合わせ

ドクロッグのゲージ技は「どろばくだん」「ヘドロばくだん」で決まりでしょう。

どちらも決して発動が速いとは言えないけど、通常技「カウンター」と合わせて、それなりに相性を補完できる優秀なゲージ技。

きついのはゴースト単体くらいで、かなりのポケモンと対等に戦えます。

育成にアメXLが必要になった

以前(最大PL40)であれば、個体値MAX(15-15-15)で良かったドクロッグ。

2020年12月のPL50までの開放により、理想的なドクロッグ(SCPが高い)を使いたい場合は、攻撃が低い個体を用意して、さらにアメXLで強化する必要があります。

ただし、私は理想的な個体に強くこだわる必要は無いと思っているので、既に育成したドクロッグ(PL40時代)がいる場合は、それを使っていいと想います。

まだドクロッグを育成してない方は、攻撃が低い個体を厳選&アメXLで強化して、SCPが高いドクロッグを準備してみてはいかがでしょうか。

7位:ラプラス

ポケモンGO ラプラス

初代から「ラプラス」です。ポケモンGO初期において、もっともレアリティが高いポケモンだったでしょう。

「ラプラス」をゲットするために、お台場で張り込むユーザが居たり、その様子がニュースになったりと、色々ありましたね。

原作の初代は氷タイプ(というか「ふぶき」という技)が強かったですね。コイツの場合は耐久も高く、10万ボルトまで撃てました。

高水準な優秀な水・氷タイプ

ポケモンGOの対戦(PvP)において、強さの指標とある数値に「SCP」というものがあります。

これはゲーム上で表示されている「CP」と似ているのですが、「CP」と違って、「SCP」はゲーム内で確認することができません。

詳しい説明はしませんが、「SCP」は、原作でいう「個体値」「種族値」「努力値」のように、ユーザ側が定義した言葉だと思ってください。

そして、「SCP」はポケモンGOの対戦における強さの指標になります。

長くなりましたが、ハイパープレミア環境において、実装済み&PvP向きのポケモンに絞ると、ラプラスのSCPは、なんと3位です。

ラプラスより上は、「ブラッキー」「バルジーナ」しか居ません。奇しくも悪タイプ2匹。

ラグラージやカイリューとは有利に戦える他、苦手な草タイプに対しても氷タイプが抜群で刺さります。一方的に負けるわけではなく、草タイプ相手でも、そこそこ戦えるのも強い。

通常技&ゲージ技もそこそこ優秀

私が使うのであれば、通常技は「こおりのつぶて」、ゲージ技は「なみのり」「れいとうビーム」にするでしょう。

御三家のような強力な組み合わせではないですが、ダメージ・回転力ともに優秀です。

ただし、少し障壁もあります。

「こおりのつぶて」「れいとうビーム」が、いずれも「レガシー技(特別な技)」です。

これらの技を持ってない場合は、「すごいわざマシン」を使う必要があります。

妥協点としては、「れいとうビーム」を、「ロケットずつき」で代用することですかね。

必要ゲージ量が多いのが難点ですが、追加効果で防御をアップできる点、水タイプ同士の対面で有利になる点はメリットかと思います。

アメXLで強化せずとも強い

ラプラスは、PL41以上開放により、アメXLで強化できるようになりました。

強化できると言っても、わずかですが。

しかし、安心してください。

ラプラスもドクロッグと同じです。

無理に再厳選&アメXLで強化する必要はありません。PL40時代の育成済みラプラスを持っている方は、そのまま流用でも十分戦えます。

8位:カビゴン

ポケモンGO カビゴン

初代から「カビゴン」です。マスタープレミアでもオススメにランクインさせましたが、ハイパープレミアでも活躍が期待できます。

個人的には寝転んで欲しいw

原作の第二世代では、対戦環境のトップに君臨していたカビゴン。ポケモンGOでも強いです。

困ったときの交代先として優秀

格闘タイプ(カウンター持ち)が、どれほど流行るかによりますが、弱点が少ないノーマル単体のタイプのため、困ったときの交代先(クッション)として優秀です。

ラプラスの項で述べたSCPですが、カビゴンはラプラスに匹敵するくらい、高い指標です。

技構成は、通常技「したでなめる」とゲージ技「のしかかり」は確定でしょう。

これまで、2つ目のゲージ技は「じしん」が多かった印象ですが、「カビゴン」同士の対面を考えると「ばかぢから」が最有力かな。

フェアリータイプに抜群を突ける「ヘビーボンバー」でも面白そう。

自分が使うなら「ばかぢから」にします。

シャドウ化したカビゴンもアリ

カビゴン自体が珍しいポケモンでないので、シャドウ化したカビゴンを持っているプレーヤーはさらに少ないかと思います。

ですが、もし、シャドウ化カビゴンを持っていれば、積極的に使って欲しいです。

シャドウポケモンは耐久を下げるかわりに、攻撃力を上げるわけですが。シャドウ化カビゴンは、一見不利に見える対面(例えば「ニョロボン」など)でも勝てるため、かなり強い。

9位:リザードン

ポケモンGO リザードン

初代から「リザードン」です。大人気ポケモンの一角、色違いもカッコ良くて、黒いリザードンも人気ですよね。

ポケモンGOにおいては、進化前のヒトカゲの「コミュニティ・デイ」が2回も開催されました。その結果、「りゅうのいぶき」「ブラストバーン」の2つの特別な技を持っています。

よく見かけるポケモンに強い

リザードンは、ハイパープレミアでよく見かける「フシギバナ」「ユキノオー」「シュバルゴ」「ピクシー」などに強く出れます。

後追いでリザードンを出すか、上手く対面させるように立ち回りましょう。

ただし、飛行タイプを併せ持つため、氷技を半減できない点は注意。特に「キュウコン(アローラ)」には、返り討ちにあうこともあります。

通常技は迷いどころ

リザードンのゲージ技は「ブラストバーン」「ドラゴンクロー」で確定でしょう。

ただし、通常技は選択肢が多く、迷いどころ。

候補は、炎タイプの「ほのおのうず」、ドラゴンタイプの「りゅうのいぶき」、ひこうタイプの「つばさでうつ」です。

赤字は特別な技になりますので、習得するのは難しいのが悩みどころ。

役割やパーティーと要相談ですが、ラグラージ、カイリュー、キングドラあたりに強くしたい場合は「りゅうのいぶき」を推奨。

そうでない場合は、上述したポケモンを安定して狩るために「ほのおのうず」が良いと思いますし、自分も「ほのおのうず」で使用中です。

10位:トゲキッス

ポケモンGO トゲキッス

第四世代から「トゲキッス」です。

可愛らしい見た目とは裏腹に、原作でも大暴れしている、元祖・鬼畜ポケモン。

マスタープレミアに引き続き、ハイパープレミアでもオススメ。私がトゲキッス信者なので、多少、贔屓目かもしれませんが。

通常技「あまえる」で削りまくる

マスタープレミアなどの過去記事でも、既に散々書いていますが、フェアリータイプの通常「あまえる」が強力。

今回のハイパープレミアでも、通常技で削るのが基本的な戦い方になると思います。

ゲージ技は発動が早くタイプ一致の「つばめがえし」と、バフ効果(能力上昇)が狙える「げんしのちから」が良いかなと思います。

炎技の「かえんほうしゃ」を撃つ相手となる鋼タイプは減少すると思いますし、対面しても引く方が良いでしょう。

「レジスチル」が不在で追い風

トゲキッスを受けに来るポケモンの代表格で、かつ、ハイパーリーグ最強ポケモンの一角である「レジスチル」ですが、プレミアカップということで出場できません。

これはトゲキッス側からすると追い風。

これにより、上記の「あまえる」連打が、さらに通りやすくなります。

「ラスターカノン」「きあいだま」が両方とも下方修正されたとは言え、レジスチルは、まだまだ強いポケモンですからね。

なので、この「レジスチル」が出場できないのはホントに大きい。次点でいうと、「メルメタル」の出場禁止も、同じように恩恵を受けます。

ただし、「エンペルト」「マッギョ(ガラル)」「エアームド」あたりの強力な鋼ポケモンには気をつけましょう。

番外1:デンチュラ

ポケモンGO_デンチュラ

第五世代から「デンチュラ」です。

虫と電気の複合タイプの珍しいポケモン。

当時の原作ではあまり活躍していたイメージが無いけど、ポケモンGOでは大出世。

PL50開放でハイパー環境に進出

これまでデンチュラはスーパーリーグを主戦場としていて、わりと多く見かけました。

2020年12月のPL50開放で、個体値MAXを最大PL50まで強化すると、最大CP2494がとなり、ハイパーリーグの制限値であるCP2500に限りなく近くなります。

そして、ハイパーリーグに進出して来ました。

このデンチュラ以降の番外編のポケモン全般に言えますが、アメXLが大量に必要なので、育成が難しいのでご注意ください。

通常技&ゲージ技とも優秀で高回転

通常技である「ボルトチェンジ」は、4ターン技と言われる発動が遅い技なので、使い辛さはあるけど、ゲージのチャージが優秀。

ボルトチェンジをたった3発で、ゲージ技「とびかかる」「ほうでん」を撃つゲージがチャージできます。

「とびかかる」がイヤらしい

ゲージ技「とびかかる」は相手の攻撃を確定で下がることができます。

非常にイヤらしい技ですね。

「ラグラージ」「マッギョ(ガラル)」などのタイプ的には不利な相手だったり、もしくは、有利な相手にシールドで防がれたとしても、攻撃をダウンさせて、一矢報いることが可能。

相手にすると、ホントに厄介です。

番外2:ナットレイ

ポケモンGO_ナットレイ

第五世代から「ナットレイ」です。

第七世代で「カミツルギ」が現れるまでは、唯一の複合タイプだった草・鋼の珍しいポケモン。

鈍足・高耐久の高性能なポケモンで、原作の第五世代では、シングル、ダブルともに大活躍。

同世代のブルンゲルとのコンビは「ナットゲル」と呼ばれて、その名が広まりました。相性補完に優れた組み合わせ。

当時の私もそうですが、相手のナットレイを倒すために、自分のナットレイに「めざめるパワー炎」を仕込んだ方も多いでしょう。

唯一無二の草・鋼タイプ

現時点のポケモンGOにおいては、唯一無二の「草・鋼」タイプ。炎が二重弱点、そして、カウンター持ちにも弱点を突かれます。

その一方で、多くの抵抗を持つ。氷技で弱点を突かれない草タイプ、また、地面技で弱点を突かれない鋼タイプの強さが分かります。

ポケモンGOでは耐久寄り種族値のポケモンが非常に強い傾向にありますよね。

ナットレイも例外ではありません。優秀な複合タイプ&高耐久がナットレイの強さ。

2つ目のゲージ技が悩みどころ

通常技は「タネマシンガン」の一択。

ゲージ技ですが、草タイプの「パワーウィップ」は確定。2つ目のゲージ技は、鋼タイプの「ミラーショット」「ラスターカノン」、電気タイプの「かみなり」あたりから選択。

必要ゲージが少なく、30%で攻撃をダウンさせる「ミラーショット」が使いやすい。もしくは、リザードン・エアームドあたりに抜群を突ける「かみなり」も良さそうです。

番外3:ブルンゲル

ポケモンGO_ブルンゲル

第五世代から「ブルンゲル」です。

図鑑の説明文が怖いことでも有名。前述したように、ナットレイの相方と呼べるポケモン。

原作のダブルバトルでは、トリックルーム要因でありながら、「しおふき」を撃つことで、アタッカーにもなれる強力なポケモンでした。

高耐久のゴーストタイプ

ナットレイのところでも書きましたが、防御寄りの種族値であるため、ブルンゲルも非常に強い部類に入ります。

メジャーな草、電気あたりに弱点は突かれますが、PvPでは非常に多いカウンター(格闘)に抵抗を持つ点が優秀。

カイリキー、ドクロッグ、ラプラス、シュバルゴあたりに強く出れます。シールドを張り合えば、ラグラージやカイリューにも勝てます。

通常技もゲージ技も優秀

ブルンゲルは優秀な技を多く習得します。

通常技は、水タイプの「あわ」、ゴーストタイプの「たたりめ」です。役割やパーティーと相談になりますが、ゲージのチャージ量が多い「たたりめ」がオススメ。

ゲージ技は、ゴーストタイプの「シャドーボール」は確定でしょう。残りは、水タイプの「バブルこうせん」と氷タイプの「れいとうビーム」から選択。ハイパー環境では「バブルこうせん」が良いと思います。

「バブルこうせん」は必要ゲージが少なく、ブラフとしても使いやすい。

そして、シールドされても、確定で攻撃をダウンさせることができるので優秀です。

番外4:マッギョ(ガラル)

ポケモンGO_マッギョ(ガラル)

第五世代の「マッギョ」が、第八世代でガラル地方の姿に変化したポケモン。

ブラック・ホワイトで初登場したときは、ネタ枠のポケモンだと思っていたのに、ポケモンGOでは大出世。スーパー、ハイパーともに猛威を振るうポケモンです。

やっぱり鋼ポケモンは強い

原作においても、ポケモンGOにおいても、鋼タイプは大正義。やっぱり強い。ドラゴンやフェアリーをはじめ、多くのタイプに抵抗を持つ。

メジャーは水や格闘に弱点を突かれるとは言え、地面・鋼は超優秀です。

平均以下のステータスではありますが、HPが高く、どちらかと言うと防御寄りの種族であるため、ポケモンGOでは強い存在。

PL50で最大CPが2445と、ハイパー環境に最適。そのかわり、アメXLによる育成は大変です。

技構成が超優秀

マッギョ(ガラル)の技構成は、「マッドショット」「じしん」「いわなだれ」で確定。

「マッドショット」はゲージ蓄積が優秀な通常技。同じ通常技を持つラグラージが強いので、その理由も納得でしょう。

そして、タイプ一致のゲージ技「じしん」はもとより、岩タイプの「いわなだれ」も超優秀。発動が早く、飛んでいる飛行タイプに抜群を突けるため、使い勝手は非常に良いです。

ここまで優秀な技の組み合わせを持つポケモンは、他に居ないのでは。

番外5:キュウコン(アローラ)

ポケモンGO_キュウコン(アローラ)

初代の「キュウコン」が、第七世代でアローラの姿に変化したポケモン。

美しい姿。

原作では、特性「ゆきふらし」で天候を「あられ」に強制的に上書きし、「ふぶき」「オーロラベール」で活躍しましたね。

最大CPが2610と、制限値2500に近いことから、ハイパーリーグでも活躍が期待できます。

パワーで押す、甘える型

キュウコン(アローラ)の通常技は、フェアリーの「あまえる」と、氷の「こなゆき」がありますが、まずは前者の「あまえる」から紹介。

トゲキッス、ピクシー、プクリンが習得する、ポケモンGOでは説明不要な強力な通常技。

あまえるのゴリ押しだけでも、相手に大きなダメージを与えることができます。

通常、あまえる型のポケモンは、ゲージが溜まりにくいため、ゲージ技を撃ち辛い傾向にあります。しかし、キュウコンの場合は「ウェザーボール」を持っているため、あまえる型でもゲージ技を撃ちやすいのが特徴。

私の場合、あまえる型で運用する場合は、ゲージ技は「ウェザーボール」「サイコショック」にしています。

回転力で押す、こなゆき型

続いて、通常技で「こなゆき」を使う場合。

この場合、ゲージ技は「ウェザーボール」「マジカルシャイン」をオススメします。

基本的には「ウェザーボール」の連打がメインになると思いますが、大ダメージを期待できる「マジカルシャイン」も、あまえる型よりは撃ちやすいかと。

「こなゆき」「ウェザーボール」の組み合わせは非常に強力で、タイプ的に苦手なリザードンでさえも、対面で打ち勝つことができます。

これは凄いですよね。リザードンを使う側の方は、そのあたり注意しましょう。

番外6:ファイアロー

ポケモンGO_ファイアロー

第六世代から「ファイアロー」です。初代で言う「ピジョット」的なポジション。

原作では、物語の序盤でゲットできる鳥ポケモン、いわゆる「序盤鳥ポケモン」です。

序盤鳥ポケモン系統では、歴代最強。

隠れ特性「はやてのつばさ」は、飛行技が先制(優先度+1)になるというもの。

「ブレイブバード」「はねやすめ」を先制で使用できるという、壊れ具合。そのため、後続の作品では、弱体化されます。

そんな原作でも強ポケモンだったファイアロー、ハイパーリーグで使用するためには、アメXL強化が必要ですが、かなり強いです。

超強力だが、少し癖がある技を持つ

今現在、ファイアローの技構成は、通常技「やきつくす」、ゲージ技「ニトロチャージ」「ブレイブバード」が定番でしょう。

「やきつくす」はコミュニティデイで習得した限定技。威力・ゲージのチャージ量ともに優秀です。その反面、5ターン技という、硬直が長い技なので、初めてだと使い辛いかも。

ゲージ技の「ニトロチャージ」は、発動後に必ず攻撃力がアップするので、「やきつくす」のダメージ量をさらに増やすことができます。

2つ目のゲージ技「ブレイブバード」は、防御力ダウンのデメリットがありますが、高威力の技。等倍であれば、苦手な「ラグラージ」であっても、大ダメージを期待できます。

攻撃力をアップして無双を狙う

前述した通り、「ニトロチャージ」は必ず攻撃力がアップする技なので、無双に向いています。

シールド2枚を控えのファイアローに温存し、ニトロチャージで攻撃力をアップし続け、通常技を連打していきましょう。

バトル終盤で、苦手なタイプと対面しても、攻撃力を上げた「ブレイブバード」で返り討ちも可能です。立ち回り次第ではありますが。

草・鋼・フェアリーに強い

強力なゲージ技「ハードプラント」を持つ草タイプ御三家、そして、強力な通常技「あまえる」を持つフェアリータイプに、基本的に強い点が評価できます。

今回はハイパープレミアの話になるので、対面することは無いですが、準伝説の「レジスチル」にも強い。ファイアローを育成しておけば、通常ハイパーでも運用してみてください。

番外7:ニョロトノ

ポケモンGO ニョロトノ

第二世代から「ニョロトノ」です。ニョロモ系統の最終進化系の1つ。

ハイパー環境では、もう片方のニョロボンも優秀ですが、ニョロトノはさらに優秀。

原作では、第五世代で隠れ特性「あめふらし」を得て、メジャーポケモンに昇格。これまではカイオーガ限定だった、天候を雨に書き換える強特性です。

雨パの始動要員にとどまらず、自身でハイドロポンプを撃ったり、アンコールや手助けなどでサポートもできるため、非常に強いポケモン。

ポケモンGOでは、ゲージ技「ウェザーボール」の習得と、アメXLによる強化で、一気に環境トップまで上り詰めました。

高回転の「ウェザーボール」が強力

まず、通常技「マッドショット」を持っているため、ゲージの蓄積が早い。そして、新たに習得したゲージ技「ウェザーボール」はゲージ消費量が少ないため、超高速で連打できます。

ハイドロカノンほど威力はありませんが、ゲージ消費量ではウェザーボールのほうが軽いため、連発が凄まじい。これが非常に強力です。

通常技・ゲージ技とも優秀であるため、初心者の方でも扱いやすく、オススメです。

高水準の水タイプ

ポケモン界では優秀とされている水タイプ。そして、SCP(ポケモンGOでの強さを表す数値)が高いポケモンであるため、先に説明した技の優秀さを抜きにしても、スペックが高い。

ハイパープレミア環境で、よく見かけるポケモン(PvP向き)に絞れば、SCPは上から数えて10~20位には入るくらいです。

2つ目のゲージ技は?

ニョロトノを育成するにあたり、悩みポイントになるのは、2つ目のゲージ技でしょう。

「ふぶき」「じしん」があり、どちらを使うべきか。しかも、「じしん」はレガシー技であるため、今から習得させるためには「すごいわざマシン スペシャル」が必要です。

地面が抜群で通る、炎や鋼タイプにはウェザーボールで十分であるため、「じしん」は同じ水タイプ(ようは、ニョロトノ同士、後はブルンゲルなど)に撃つことが多いかな

こういうと元も子もないですが、パーティーや環境で決めるのが良いでしょう。

どちらを選択しても、メリット・デメリットがあるので、まずは簡単に習得できる「ふぶき」で運用してみて、「じしん」が欲しい場面が多かったら、「じしん」型も用意してみては。

終わりに

ということで、ハイパー版プレミアカップで活躍が予想されるオススメのポケモンでした。

原作と同様に、ポケモンGOの対戦(PvP)も、ポケモン単体で強弱を語ることはできません。環境の流行、パーティー構成、技構成も重要。

ただ、パーティーの軸にするポケモンや、使ってみたいポケモンの参考になれば幸いです。

それでは。

ゲームポケモンGO

Posted by ehime