【攻略】ハロプロタップライブのデッキ公開(2020年5月)

ゲームハロプロタップライブ

ハロプロタップライブ

新型コロナで自粛が続く中、おうち時間が増えたので、好きなだけハロプロタップライブで遊べますね。2ヶ月ぶりに新曲配信があった、2020年5月も終わりました。今月も使用デッキの記事を書いて行こうと思います。

過去の使用デッキまとめ

ハロプロタップライブのスコアランキングで、これまで使用した全デッキを以下の記事でまとめています。よろしければ、ご参考にしてみてください。

2020/05/03終了:常設レジェンドリーグ「弩級のゴーサイン Hard」10位のデッキ

常設リーグ(弩級のゴーサイン)
画像クリックでオリジナルを表示します

5月最初の常設リーグ課題曲は、モーニング娘。’17の「弩級のゴーサイン」です。使用デッキは、LE「星石アスカ」を含む、「弩級のゴーサイン(LE)[40%]」で挑みました。上位陣はARカードのデッキだったのかな。自分は持ってないので、この構成です。

今月もスコアアップ40%&PERFECT AUTOで、安定の自動プレイです。最終順位はレジェンドで10位ということで、5月の中では1番悪い結果でした。ARカード持ってないから仕方ないね。

2020/05/07終了:ウィークリーランキング「ポップミュージック EX Hard」2位のデッキ

ウィークリー(ポップミュージック)
画像クリックでオリジナルを表示します

2020年5月の配信曲、ウィークリーランキングはJuice=Juiceの「ポップミュージック」でした。ARカードを2枚引けたので、ワイルドカードと合わせて、「ポップミュージック(AR)[50%]」のデッキで挑みました。新曲を配信するのは全然分かるんだけど、人気度で言うと「禁断少女」で良くない?

赤色曲ということで、上位陣は皆、育成している赤色ARを詰め込んだデッキだったのでは。この曲も自動プレイで済ませましたが、最終順位は2位ということで、まずまずの結果でした。AR「森戸知沙希(モーニング娘。)」の育成をずっとサボっていましたが、そろそろ育成しようかな。

2020/05/10終了:常設レジェンドリーグ「上手く言えない Hard」9位のデッキ

常設リーグ(上手く言えない)
画像クリックでオリジナルを表示します

続いての常設リーグ課題曲は、アンジュルムの「上手く言えない」です。使用デッキは、「上手く言えない(AR)[50%]」です。ワイルドカード含めて、ユニフォームARカードを3枚使っています。この曲のARカードは割と昔から実装されているので、ARで組んだ人も多いでしょう。

一時は栄華を極めたAR「室田瑞希」ですが、今となっては単なるユニフォーム要員です。AR「室田瑞希」の全盛期は、20秒経過で自動発動するという強スキルでした。スキルやライブ仕様の変更により、見る影もなくなりました。

AR「森戸知沙希」の育成をサボっているのもあり、自分の場合、青色曲はAR「宮本佳林」AR「小片リサ」がまだまだ現役です。最終順位は9位ということで、ギリギリ1桁。

2020/05/17終了:常設レジェンドリーグ「邪魔しないで Here We Go! Hard」4位のデッキ

常設リーグ(邪魔しないで Here We Go!)
画像クリックでオリジナルを表示します

続いての常設リーグ課題曲は、モーニング娘。’17の「邪魔しないで Here We Go!」です。ARユニフォームを4枚使った「邪魔しないで Here We Go!(AR)[55%]」のデッキで挑みました。AR「森戸知沙希(モーニング娘。)」を育成し始めたので、今回から投入しました。

もう卒業されましたが、AR「尾形春水」をサイン有り・無しで2種類を使っています。先に紹介したAR「室田瑞希」に続いて、このカードも実装当時は秒数経過で自動発動するスキルでしたが、発動タイミングは30秒経過という、希少なものでした。

「弩級のゴーサイン」に引き続き2017年の曲です、懐かしいですね。2017年、配信当時のウィークリーランキングでは1位を取った自分ですが、もはや過去の栄光で、最近は全然ダメです。とはいえ、4位は上出来だったかな。

2020/05/24終了:常設レジェンドリーグ「泣けないぜ…共感詐欺 Hard」8位のデッキ

常設リーグ(泣けないぜ…共感詐欺)
画像クリックでオリジナルを表示します

続いての常設リーグ課題曲は、アンジュルムの「泣けないぜ…共感詐欺」という、私が好きな楽曲で最上位に入る曲です。ARユニフォームカードを3枚使った、「泣けないぜ…共感詐欺(AR)[50%]」のデッキで挑みました。大好きな曲でしたが、最終順位は8位という、少し残念な結果。

この曲といえば、2018年当時のウィークリーでは、スコアが21億点を超えて0点に戻るという、オーバーフローが判明したことが思い出されます。単に高スコアを目指すのではなく、2,147,483,647点(2の31乗)ギリギリを目指す必要があります。それを超えると0点に戻るため。

泣けないぜ…共感詐欺(2018年)
画像クリックでオリジナルを表示します

スキル発動を合わせるためにBADでコンボを切るだけでなく、スコアの細かい調整をするために、曲の終盤はGREATなども取っていきます。最終的には、理想スコア2,147,483,647点を100%だとすると、約99.9%となる「2,144,342,912点」を獲得することができました。

泣けないぜ…共感詐欺(2018年)
画像クリックでオリジナルを表示します

そんな頑張りもあって、当時のウィークリーでは無事に1位を取ることができました。2位の方も「2,139,491,089点」という約99.6%のスコアだったので、競ってる中で勝てたのは嬉しいものです。変則的なスコアランキングでしたが、ある意味では、やりがいがありましたね。

ちなみに、この次のウィークリー「泣けないぜ…共感詐欺(NEXT)」も21億ギリギリを目指すランキング戦でした。NEXTでは、立場が逆になって負けちゃいました。でも、競った中での戦いは熱中できるので楽しかったなぁ。

2020/05/31終了:常設レジェンドリーグ「Fiesta! Fiesta! Hard」5位のデッキ

常設リーグ(Fiesta! Fiesta!)
画像クリックでオリジナルを表示します

5月最後の常設リーグ課題曲は、Juice=Juiceの「Fiesta! Fiesta!」でした。ARユニフォームカード4枚を使った「Fiesta! Fiesta!(AR)[55%]」のデッキで挑みました。特にAR「宮本佳林」は育成途中ながらも20凸まで限界突破しているので、ユニフォームでありつつ、魅力値にも戦力になります。

少し懐かしいAR「宮崎由加」も魅力値4万を超えているのでデッキに入れてみました。だけど、非ユニフォームで魅力値が5万超の青色AR(小片リサ、石田亜佑美など)を入れた方がスコア上がったのだろうか。結果はまずまずの5位でした。

そんな感じで5月の使用デッキでした。こうして見ると、今月の常設リーグ課題曲は、「弩級のゴーサイン」「邪魔しないで Here We Go!」「泣けないぜ…共感詐欺」「Fiesta! Fiesta!」と、配信当時のウィークリーランキングでは、自分が1位だった曲が多かったなぁ。

今の環境で1位取るのは難しいですが、2年経って、3年経っても、1桁にランクインできるとは。意外とまだ戦えるのかな。まぁ、このゲームのプレイ人口が少ないだけ、とも言えますが。

それでは、また6月に。