【オススメ紹介】アンジュルムのライブ・コンサートDVD・Blue-ray【2020年時点まとめ】

ハロー!プロジェクトアンジュルム

アンジュルム歴代メンバー_20191210

今回は、ハロープロジェクトに所属するグループ「アンジュルム」のライブ・コンサート映像について、現在販売されているDVD・Blue-rayから、私のオススメを紹介したいと思います。アンジュルムを最近知った方や、過去のライブを見返す予定の方は、良かったら参考にしてください。

この記事は、2020年1月末時点の内容になります。

この記事を書いてる人

オススメを紹介する前に、この記事を書いている私がどんなヤツか、少しだけ自己紹介します。私は、2015年、お正月のハロコンで初披露された「大器晩成」という曲で、アンジュルムにハマりました。

そこから約5年間、2019年末時点で、アンジュルムのライブ・コンサートに約160公演ほど遊びに行きました。

推しメンは、昨年12月に卒業された、2期の中西香菜さん。そんな私が、オススメするアンジュルムのライブ・コンサートのDVD・Blue-rayを紹介していきたいと思います。それでは、1位から順番にどうぞ。

1位:「Next Page」勝田里奈 卒業公演

アンジュルム 2019秋「Next Page」~勝田里奈卒業スペシャル~

勝田さんのラストステージであり、橋迫さんのデビューステージ!

2019年のライブから「アンジュルム 2019秋「Next Page」~勝田里奈卒業スペシャル~」です。2期メンバーである勝田里奈さんの卒業コンサートです。パシフィコ横浜で行われました。

また、同年7月に加入した新メンバー、橋迫鈴さんが初めてパフォーマンスしたステージでもあります。

アルバム「輪廻転生」の楽曲披露!

2019年夏は、勝田里奈さんの卒業コンサートに辿り着くまで、8月に3ヶ所(熊本、横浜、千葉)のライブハウスを回りました。そのライブハウスツアーのセトリが全11曲という少ない曲数で、個人的には、少し不満が残る内容でした。

同年春に発売されたアルバムの新曲が1曲も披露されず。

だったのですが、勝田里奈さんの卒業公演は、そんなライブハウスツアーの不満やストレスを吹き飛ばす、とても素晴らしい内容でした。何と言っても、満を持して、春に発売された新アルバム「輪廻転生」の楽曲が組み込まれたセトリが最高です。

序盤4曲でハイテンション!

開演後、メンバー全員、勝田里奈さんがスタイリングした黒衣装で登場。1曲目の「いとし いとしと Say My Heart」からテンション爆発。アルバム「輪廻転生」の楽曲の中でも、この曲はかなり好きな部類に入るのですが、2019年において、このコンサートでしか披露されていません。

そこから4曲目の「泣けないぜ…共感詐欺」までカッコ良い楽曲が続きますが、黒衣装のカッコ良さと相まって、とにかく序盤からハイテンションになれる、楽しいコンサートです。

中盤のメドレーの流れが最高

中盤は3グループに分かれてのメドレー。各グループが、スマイレージ曲とアルバム曲をセットで歌う流れでした。アルバム曲に関しては、1曲目と同じく、今回のコンサートが初披露。スマイレージ曲にしても、アルバム曲にしても、勝田里奈さんが歌うのは最後なので、寂しい部分もあります。

感動の「Uraha=Lover」

終盤以降は、定番の卒業ソングを挟んで、盛り上がるお祭り曲でフィニッシュ。その中でも、「Uraha=Lover」は震えるくらい良かったです。前リーダーの和田彩花さんが卒業されてからは、この日が初披露。

和田彩花さんのソロパートを、この日に卒業する勝田里奈さんが引き継いでいたのが熱いポイントです。

初代リーダー和田彩花さん卒業後、12人体制での集大成!

また、この日のライブは、現役メンバー内でもソロパートの配置展開があったので、そういう意味で新鮮だったかなと思います。長年グループを引っ張った和田彩花さんが春に卒業された後、12人体制での集大成とも言えるライブなので、是非オススメです。

2位:「電光石火」ホールファイナル

輪廻転生~ANGERME Past, Present & Future~

7期メンバーがお披露目された公演

2018年の秋ツアーから「アンジュルム 2018秋 「電光石火」」です。「電光石火」は基本的にライブハウスツアーだったのですが、大阪と横浜の2ヶ所でのみ、ホールコンサートが開催されました。

この映像は、ホールファイナルのパシフィコ横浜公演のモノです。

この横浜公演は、7期メンバーとして加入した、太田遥香さん&伊勢鈴蘭さんのお披露目のステージでもありました。このライブ映像は、2019年春に発売されたアルバム「輪廻転生~ANGERME Past, Present & Future~」の初回生産限定盤Aの特典として収録されています。

歴代最強にカッコ良い勝田里奈さん

何と言っても、メイクがバッチリで、ポニーテールの勝田里奈さんがマジでカッコ良い。私はアンジュルムに改名してからのファンなので、ずっと昔から勝田さんを見てるわけではないけど、この日の勝田さんは、歴代で最強と言っても過言ではないと思います。

スマイレージ楽曲の良さ

セトリで言うと、個人的にアンジュルムの代表曲と思っている「大器晩成」「ドンデンガエシ」が入っていません。それでも「地球は今日も愛を育む」「寒いね。」「ミステリーナイト!」などスマイレージ時代の楽曲が入っていて、この3曲が揃っているところがポイント高いです。

2018年アンジュルム楽曲の良さ

そして本編終盤は、「泣けないぜ…共感詐欺」「友よ」と4曲続く流れで最高にハイテンションになります。2018年に発売されたアンジュルムのシングルはどれも良曲で、このライブで全て聴くことができます。間違いなく最高です。

3位:「輪廻転生」和田彩花 卒業公演

ハロプロ プレミアム アンジュルムコンサートツアー2019春ファイナル 和田彩花卒業スペシャル 輪廻転生~あるとき生まれた愛の提唱~

最後のオリジナルメンバーで初代リーダーである、和田さんの卒業公演

2019年のライブから「ハロプロ プレミアム アンジュルム コンサートツアー 2019春 ファイナル 和田彩花卒業スペシャル 輪廻転生 〜あるとき生まれた愛の提唱〜」です。スマイレージ結成時の最後のオリジナルメンバーで、ずっとグループのリーダーを務めてきた和田彩花さんの卒業公演です。2019年の春、日本武道館で行われました。2019年から2020年にかけて、メンバー卒業が相次いだせいか、和田さんの卒業が、ずっと昔のことのように思います。

歴代ライブの中で、最もカッコ良い1曲目である「赤いイヤホン」

1曲目、このホールツアーの代表曲とも言える「赤いイヤホン」は圧巻です。赤黒の衣装のカッコ良さ、赤いレーザーの演出のカッコ良さ、この曲自身のカッコ良さ、全てが合わさってホントに最強。中でも、船木結さんの歌い方に注目して欲しいです。

文字だけでも感動するVTRの演出

このツアーで流れるVTRが、今回の和田さん卒業公演では特別仕様に。過去の在籍メンバー(名前だけ)が登場する演出でしたが、文字だけのVTRでこんなに震えたことは無かったです。VTR中の会場の湧き上がりも凄かったので、是非DVD・Blue-rayでもチェックしてください。

終盤のアンジュルム楽曲ラッシュ!

本編の終盤、「次々続々」「大器晩成」まで、アンジュルム楽曲の5曲ラッシュがホントに最高。個人的に5曲全てが好きな曲というのもあるけど、ここまで代表曲(人気曲)が、しかも5曲連続で続いたことは初めてだったのではと思います。ある瞬間の盛り上がりだけなら、このライブの本編終盤が歴代ナンバーワンです。

4つの卒業ソングで感動できる

「帰りたくないな。」「旅立ちの春が来た」「交差点」「友よ」という、雰囲気の違った4つの卒業ソングがあって、どれもホントに良かった。特に「交差点」は、涙するメンバーを見ても、しっかり歌い切るメンバーを見ても、どこを切り取ってもグッと来る展開でした。勝田さんが涙で歌えなかった瞬間は、会場の全ヲタクが泣いた。

アンジュルム第1章の集大成!

初代リーダー和田さんの卒業という特別な公演でしたが、セレモニーや最後のMCは、いつものアンジュルムらしく、笑いあり、涙ありでした。アンジュルム第1章の集大成ということで、ボリューム的にも楽しめて、感動もするライブなので、是非チェックしてみてください。

4位:「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」

OTODAMA SEA STUDIO 2017 夏だ!海だ!アンジュルムだ!!

6期メンバーのデビューステージ!

2017年の夏のライブから「OTODAMA SEA STUDIO 2017 夏だ!海だ!アンジュルムだ!!」です。神奈川県・三浦海岸の特設ステージで行われたライブです。「真夏の時期に、足場が砂浜の会場」ということで、普段とは違うライブとなります。また、このライブは、6期メンバーの船木結さん&川村文乃さんの初ステージでもあります。初々しい2人の姿が見れます。

ファン待望の「ドットビキニ」

アンジュルムの定番曲(人気曲)もありながら、最近では中々聴く機会が少ないスマイレージ時代の楽曲「ドットビキニ」や「嗚呼 すすきの」を歌ったライブでもあります。特に、1曲目の「ドットビキニ」は盛り上がりました。

自分も、このライブに参戦しましたが、当日の現地では、開演前の待ち時間から「ドットビキニ」をやるだろうと、予想(期待)していたヲタクが多かったので、それだけ皆が楽しみにしていたのでしょう。

楽しさMAXの「カクゴして!」

このライブで私が最もオススメしたいのが、中盤にパフォーマンスした「カクゴして!」です。腕を突き出したり、上げたりする振りがあるのですが、真似しやすくて、一緒にやると凄く楽しいです。そして、1番サビの中盤あたりにアップで抜かれる、中西香菜さんの表情が色っぽくて、めちゃくちゃ良い。

真夏の野外ステージの熱!

真夏の野外特設ステージということで、メンバーもヲタクも汗だくのライブでしたが、当日の会場の熱が伝わる作品になっています。今回紹介する映像作品では、唯一、DVD版しか販売されていません。その点は残念ですが、低価格で17曲の熱いライブが観れるという観点ではコスパ最強です。

5位:「十人十色+」ツアーファイナル

コンサートツアー2018春十人十色+ファイナル

2018年の春のライブから「アンジュルム コンサートツアー 2018春 十人十色 + ファイナル」です。当時リーダーの和田彩花さんが、「1年後の春に卒業する」ことを発表して始まった、ホールツアー「十人十色+」の千秋楽、武道館公演です。1期~6期の10人で挑んだライブです。

Bメロが最高すぎる「泣けないぜ…共感詐欺」

1曲目の「泣けないぜ…共感詐欺」、私がアンジュルム楽曲の中でも最上位で好きな曲です。このホールツアーの初日・座間公演で初披露された時から、曲自体や振り付けのカッコ良さ、Bメロのリズム感がめちゃくちゃ好きです。今回の武道館でも1曲目に披露され、武道館という会場の効果もあって、とても迫力があり、まさに最初からクライマックス。

タイトル通りの十人十色のメドレー

序盤に、1人ずつメインで1曲歌い、10人が繋いで行くメドレーがあります。今では聴く機会が少ないスマイレージ楽曲がメドレーで続きますが、アンジュルムで新規ヲタクになった自分でも十分楽しめます。個人的には、中西さんメインの「ええか!?」、和田さんメインの「良い奴」、川村さんメインの「エイティーン エモーション」がお気に入りです。

定番曲もレア曲も、両方聴ける

中盤には「ドンデンガエシ」「大器晩成」「マナーモード」という鉄板曲もあります。そして、ベストアルバムに収録されている「汗かいてカルナバル」「涙は蝶に変わる」の2曲が聴けるのも、とても貴重で、このライブの特徴かなと思います。

和田さん卒業が漂うアンコール曲

アンコールの2曲は、ともに当時、新曲として発表された「Uraha=Lover」「君だけじゃないさ…friends (2018アコースティックVer.)」です。2曲とも、和田さんの卒業を意識するような曲なので、少しだけ、しんみりします。武道館公演では、毎回感情が爆発して、号泣している佐々木さん。今回どうなったかは、是非DVD・Blue-rayでチェックしてみてください。

終わりに

ということで、紹介は以上になります。割と最近のライブがメインでしたが、ご参考になれば嬉しいです。もちろん、今回紹介した以外にも良いライブはたくさんあるので、これを機に遡って、過去作品も是非チェックしてみてください。それでは。