【攻略】ハロプロタップライブのデッキ公開(2019年1月)

ゲームハロプロタップライブ

こんにちは、今日は私がプレイしているスマホゲーム「ハロプロタップライブ」で使用したデッキをご紹介したいと思います。みなさんがプレイする際のご参考になればと思います。

ハロプロタップライブのランキングとは

ハロプロタップライブでは大きく分けて2種類のランキング戦があります。1つは「スコアランキング」、もう1つは「ポイントランキング」です。

スコアランキング

新しい楽曲の配信週に開催される「ウィークリーランキング」や2018年12月から始まった「常設リーグランキング」が該当します。楽曲をプレイして、そのときの純粋な「ハイスコア」で競います。ハイスコアを狙うには、以下の要素が重要になります。

  • カードの魅力値やスキル
  • デッキ(ユニット)の組み方
  • アバターのスキル
  • パートナーやスコアアップアイテム

ポイントランキング

毎月定期的に開催されるイベントで、「ポイント紅白戦」「白熱ポイントランキング」が該当します。ライブをクリアすると難易度に応じてポイントが獲得でき、そのポイントの累積で競います。特効値が付与されたカードをデッキに組んでライブをクリアすると、獲得ポイントが増えます。前者と違い、重要なのは「特効値」のみとなります。

このブログで紹介するデッキ

当ブログでは主に、私が「スコアランキング」で使用したデッキ(ユニット)を一部ご紹介したいと思います。前述したように「ハイスコア」を出すためには色々な要素が絡みます。特にこの記事を書いている現時点では、「アバターのスキル」の影響も大きいです。しかしながら、デッキ(ユニット)の組み方のご参考になればと、デッキを公開したいと思います。今回は2019年1月の常設リーグランキングとウィークリーランキングから。

2019/01/20終了常設リーグランキング「次々続々 Hard」2位のデッキ

次々続々(常設リーグ)

アバターは1位報酬「魅惑のステッキ」です。私は普段30タップ発動で効果時間3秒のカードを使っているのですが、今回は20秒経過型が主体のデッキの組み方になりました。結果は2位でしたが、4周年記念で実装されたLE「上國料萌衣」を持っていたら1位が狙えたかなという感じです。

4周年記念のLEカードは、ハロプロタップライブの4周年記念として期間限定で実装されたカードです。魅力値はかなり高いのですが、所詮LEのカードなので、スキル的には微妙でした。ガチャを回すのは控えていたのですが、ここに来てキーカードになるとは思いませんでした。

そして、常設リーグ時のみ、L5ユニフォームスキルでのスコアアップ率が通常ライブ時より上昇します。そんなわけで、LE「上國料萌衣」は、魅力値の観点でも、L5ユニフォームスキルの観点でもキーカードとなります。ただし、次々続々の実写LEカードは、おそらくイベントの報酬等でもゲットできた気がします。5枚以上揃っている方も多く、発動自体は容易だったのではないでしょうか。

このデッキでは2レーン以外は20秒経過で自動発動するスキルとなっています。なので、2レーンの30タップ型のスキル発動を20秒経過型のタイミングに合わせる感じです。注意するのは2レーンだけなので、意外と簡単にスキル発動を合わせることができます。

2019/01/22終了:ウィークリーランキング「タデ食う虫もLike it! EX Hard」1位のデッキ

タデ食う虫もLike it!(ウィークリー)

アバターは1位報酬「魅惑のステッキ」です。1レーン・5レーンが20秒経過型で、2~4レーンが30タップ型です。両左右の20秒経過型のスキルが発動するタイミングで2~4レーンのスキルを発動させる感じです。マーカーが落ちるスピードがそこそこ速いので、マーカーを切ってタイミングを合わせるのは少し難しいです。

AR「新沼希空」・AR「秋山眞緒」はいずれもサイン版を持ってないので、魅力値的には少し心許ない感じです。前列中央3レーンのAR「牧野真莉愛」・AR「生田衣梨奈」・AR「上國料萌衣」は3枚とも13凸しています。あと、何気にLE「岸本&浅倉」は、後列に置くと色関係なくデッキに組めるので使いやすいですね。

AR「生田衣梨奈」は2018年1月1日に実装されたカードで、1年経っても現役でまだまだ使えるのかなと思っていました。が、この数日後、AR「室田瑞希」がタデ食う衣装(黄色)で実装されたので、下火になっちゃうかもですね。 同じ性能のAR「中西香菜」に関しても、同じく使用頻度は下がるかもです。

今年の配信曲1発目は、このアンジュルムの「タデ食う虫もLike it!」で黄色曲でしたが、実は去年の1発目もアンジュルムの黄色曲「マナーモード NEXT」でした。その時は大差で負けて2位だったのがとても悔しかったので、リベンジ達成できて大満足のウィークリーランキングでした。